本稿は、北朝鮮ににどのように対処すべきかという点に関して、日本の外交・安全保障政策の基本方針案を述べたものです。Keywords = 北朝鮮,外交,安全保障,日本,対処,基本方針
   このホームページのトップへ
 
 
北朝鮮に対してどのように対処するべきか(1999年5月)
 
 
神山卓也
 
 
 大学院で北朝鮮分析も研究した専門家として、北朝鮮の状況を前提として述べた上で、日本の安全保障方針と、対韓国外交も踏まえての対北朝鮮外交方針について述べたい。私は横田めぐみちゃん事件の現場のすぐ近くの中学に当時通っていたし、国際政治学の師匠は北朝鮮専門家なので、強い問題意識がある。
 
 北朝鮮は、労働党内のソ連派や中国派を金日成ら民族派が粛清した経緯から孤立封鎖路線を採り始め、今日の主体主義に繋がった。これは外交上は異常過激さになり、経済は、社会主義による需給不一致や封鎖経済による狭隘な国内市場での輸入代替策のため、著しく停滞している。鉱物資源は豊富だが原油は出ないので冷戦時代には中ソ両国による援助貿易で原油を獲得していたが、90年に中ソが韓国と国交を樹立するとソ連からの原油輸入が激減し、深刻なエネルギー不足に陥った。北朝鮮が核開発疑惑を起こしたり食糧危機を公にするのは、中ソが韓国に擦り寄る中で日米への接触を図ろうとする手段であると分析することができ、異常ではあるが合理的だと言える。94年の米朝枠組み合意はこの合理性を過信したものであり、軍事的には北朝鮮は枠組み合意を核兵器とその運搬手段開発のための時間稼ぎに利用しているに過ぎない。
 
 北朝鮮の核兵器運搬手段(テポドン)の長い射程距離は明らかに韓国以外のものを狙ったものであり、今後日本は従来よりも防衛への真剣な取り組みが必要となる。日本は国土の縦深性が浅いので、専守防衛では実際には侵略に対処できない。また、覇権国米国との同盟を維持することによって第二次日米戦争の到来の愚を避けることが我々の生存のために必要であるが、朝鮮半島有事において米兵が血を流しているのにすぐ傍らの日本が参戦しなければ瞬時に日米安保は崩壊してしまうだろう。これらの諸点を総合的に鑑みた結果の新たな戦略は、米国の同盟国としてきちんと振る舞えるようにしながら、北朝鮮に対しては前方防衛をすることが必要だと思う。先の朝鮮戦争において、朝鮮半島は米国防衛線外である旨のアチソン米国務長官演説が北朝鮮に誤った外交シグナルを与えた失敗を繰り返さないためには、有事には毅然とした態度を示す旨のシグナルを出し続ける必要がある。当面の具体的策は、ガイドラインの強化の他、佐々淳行「工作船の侵入・逃亡を繰り返さない方策」(時事通信社『世界週報』99年5月25日,pp.18-22)のように領海空侵犯対処を刑法35条の正当業務行為にし、自衛隊に領域警備を認めることが必要である。次の局面では、憲法9条の見直しか、最低でも内閣法制局ではなく国会による新解釈が必要だ。
 
 国内的には、地方自治体への外国人登用を廃止するべきだ。国籍区別と民族差別とを混同した論議が行われているが、民族差別と、国籍を有しない=国家に忠誠を誓わない者を採用しないこととは異なることである。組織率が下がっているとはいえ現在でも在日コリアンの4割以上は朝鮮総連系であり、朝鮮総連は単なる北朝鮮系在日団体の枠に留まらない活動をしているので、外国籍公務員の存在には、ライフラインに対する北朝鮮のテロを可能にするリスクがある。ただし、誤解を避けるべく強調するが、民族差別は決して許してはならず、また、帰化すれば採用を拒む理由などこの世のどこにも存在しない。
 
 外交上は、日朝国交正常化を焦ってはいけないと思う。先述のごとく中ソに頭越しに韓国との国交正常化をされ、かつ、経済が停滞している北朝鮮にとっては、日米との国交正常化に対する交渉上の地歩は本来、日米側よりも悪いものだ。しかし、日本が日朝国交正常化を焦るあまり、むしろ交渉上の地歩を日本は自ら悪化させてきたと思う。国交正常化が遅れても日本が失うものは無いので、気長にかつ強気に構えるべきだ。ただし、世界平和のためには米中間に緩衝地帯を置いておきたいし、急な統一には韓国経済が耐え難いから、半島統一支援は韓国経済が耐えられるペースにするべく、米韓の北朝鮮関与政策に協力するべきだと思う。その手段の一つとして、食糧援助の条件を韓国経由かつ韓国車使用とすることで、韓国へ協力と食糧到達監視強化の意志を示し、かつ、食糧を手段とする対日直接交渉という北朝鮮の思惑には乗らない旨を表明するべきだと思う。このことは、現在北朝鮮が持っている核兵器を抱えるであろう将来の統一韓国が、中国に擦り寄って日米に対峙しようとする動機を弱めるための布石となる、むしろ日韓友好を狙った方策でもある。
 
 98年の北朝鮮選挙で金正日の選挙区は第666選挙区だった。私はオカルト的に人類滅亡予言を信じる訳ではないが、もしもオカルト志向の独裁者が隣国にいたら、結果として危ないのではないか。実際にはそこまでのことはないと思うが、少なくとも金正日は西側映画に詳しいので666の数字の意味を知っている旨を鑑みれば、これはブラフ(脅し)としての外交シグナルではあろう。不愉快極まる外向的シグナルである。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

本稿は、北朝鮮ににどのように対処すべきかという点に関して、日本の外交・安全保障政策の基本方針案を述べたものです。Keywords = 北朝鮮,外交,安全保障,日本,対処,基本方針