本稿は、家庭ゴミや産業廃棄物に対して、有料化によるゴミ問題対策案を提唱する論説です。Keywords = ゴミ,問題,産業,家庭,有料化,廃棄
   このホームページのトップへ
 
 
ゴミ問題に対する対策(経済分析の視点から)(1999年5月)
 
 
神山卓也
 
 
 ゴミ問題について、田中廣滋ほか『公共経済学』(東洋経済新報社,1998)pp.250−258のモデルを単純化して、経済学的視点からの解決策を考えてみたい。
 
 まずは、家計(消費者)ゴミを考えてみる。消費者のゴミ量をzとする。いま、消費者の通常財消費量をxとし、所得をY,税金をt,廃棄物z財のゴミ処理費用をpz,x財価格をpxとすれば、消費者の効用
 
1)u=u(z,x)
 
への予算制約式は
 
2)Y−t=px・x+pz・z
 
になる。いま、ゴミ処理費用の全額を公的負担する場合、消費者にとってはpz=0なので予算制約式・2)式は
 
2’)Y−t=px・x
 
となる。このとき、z財をx軸、x財をy軸においた無差別曲線図を考えれば予算制約式は(M−t)/pxの量でx軸に平行、すなわち限界代替率が0になるから、この直線と無差別曲線との接点におけるz財消費量(=廃棄量)z0は非常に大きなものになる。一方、ゴミ廃棄費用pzを消費者に課す場合、予算制約式はx軸に平行にはならず、限界代替率は0ではなくなるから、新たな予算制約式と無差別曲線との接点における消費者のゴミ廃棄量z1は当初のz0よりも少なくなる。したがって、ゴミ有料化は家計におけるゴミ廃棄量削減のためには望ましい政策となる。ここで、単純にゴミ廃棄だけの要因によるものではなくカラス対策の観点が絡むとしても、東京の自由が丘地区で民間ゴミ処理業者にゴミ処理を委託している実例もある旨を考えれば、有料化後のゴミ処理サービスは私企業による提供も可能なものであると考える。
 
 次に、企業について考えてみよう。生産する財の価格・数量をpx,x、ゴミ以外の費用をC、ゴミを数量をzとし、ゴミzの廃棄やリサイクルのための価格をpzとする。モデルの単純化のために法人税を無視するならば、ゴミ処理が無料の場合企業の利潤πは
3) π=px・x−C
となる。このとき、ゴミzは生産財xに応じて増えるものと仮定するならば、通常の財同様zの増加関数としての生産関数
 
4) x=f(z)
 
を考えることができる。ただし、通常の生産関数同様にfの傾きはzの増加につれて下がっていくものとする。このとき、3)式から
 
5) x=(π+C)/px
 
となるから、ゴミの量に関わらず利潤水準が決まることになる。X軸にゴミの量z、Y軸に生産量yを取った生産関数のグラフではゴミ処理量zに関わらず等利潤線5)式はX軸に水平となり、生産関数4)式との接点でのゴミ処理量z0は大きなものになる。、ゴミ処理費用を有料化した場合には、3)式は
 
3’) π=px・x−C−pz・z
 
となるので、5)式は
 
5’) x=(π+C+pz・z)/px
 
となり、等利潤線5’)は正の傾きを持つ。この5’)式と4式の接点でのゴミ処理量z1はゴミ処理無料時のz0よりも少ないものになるので、企業に対してもゴミの有料処理は正当化される。したがって、一般的に規制は無い方が好ましいとは言え、ゴミ問題に関してのみは法令やISO14000シリーズなどによる規制が有効であることが分かる。私は企業内実務において、改正廃棄物処理法による98年12月からの規制強化やISO14000シリーズの普及への対処に苦労しているが、これら規制は望ましいことであることになる。実際、私事で恐縮だが、廃棄物処理法のおかげで、実務上産業廃棄物問題に対してのモチベーションが(従来も十分あったがさらに)高まった実体験が私にはある。
 
 結論としては、ゴミ処理量緩和のためには有料化が消費、生産両局面において有効であり、消費面では民間企業も含めたゴミ処理サービス機会の多様化、生産面では規制強化がその手段になることが分かる。したがって、この結論をゴミ処理問題解決策として提案したい。
 
 ここで悩ましい問題はごみ廃棄施設の立地問題である。ゴミなどという外部不経済の処理施設は迷惑施設であるから、立地場所の住民の反対を受ける。コースの定理によれば民間の自発的交渉でも解決可能との机上の理論もあるが、実際には利害調整はほぼ無理であろう。したがって、ゴミ処理施設に関しては住民の反対運動を認めないことと、その代わりに、ゴミ処理施設運営業者(地方自治体も含む)には厳しい環境基準を守らせることとの、二方面からの規制が必要になると思う。外部不経済の処理には誰かの不満が必ずつきまとうので、市場機能の例外として、ゴミ排出者にも処理業者にも周辺住民にも、三方一両損的な規制を必要悪として課した上で、ルールを犯した者への厳罰が必要だ。不愉快な話ではあるがやむを得ないと思う。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

本稿は、家庭ゴミや産業廃棄物に対して、有料化によるゴミ問題対策案を提唱する論説です。Keywords = ゴミ,問題,産業,家庭,有料化,廃棄