<要旨>政治離れは自分たちの自殺行為である旨を伝えるメッセージ。Keywords = 政治,政策,政治家,絶望,報道,マスコミ
   このホームページのトップへ
2009年07月作成
 
政治に絶望しないでくれ〜「政治に対しては何の期待もできない」は誤りだ
 
 
神山 卓也
 
  或るSNSの別の方の日記に、「政治に対しては何の期待もできない」というコメントがありました。実は、これは私が一番恐れていることです。昭和の初期、国民が当時の政党政治に愛想をつかし、それが「国民世論動向面からの、日本の先次大戦への原因の一つ(注)」になりました。実は、政党政治の崩壊は、平和の危機なのです。
(注)原因はこれだけではありませんが。
 
 この点では、私は政治家にもマスコミにも国民にも苛々して危機感を抱いていますが、最もアブナイと思うのはマスコミと、マスコミ経由で入ってくる情報による、「情報の歪み」です。何がアブナイかと言うと、マスコミの政治欄は、「政局」は報道しても各政治家の「政策」はあまり多くは報道していないことです。正直なところ、「政策」に関してキチンと勉強してない奴(記者)でも「政局」に関する記事は簡単に書けちゃいますが逆は難しいので、政治部の記者達には「政策」についてキチンと書く能力が無いのだろうと思います(注)
(注)ただし、例えば政治部以外の部署所属の記者が書く欄(国際面,経済面など)では政策についの記事もありますが。
 
 このような報道が続くと、国民には「政局」の話は伝わっても「政策」の話は伝わりません。そして、「『政局』と『政策』」とは別物であり、TVでも新聞でも政治欄では実は『政策』は報道されない」という認識を欠いたままに国民がマスコミ報道に接すると、実際の姿よりも政治家の姿は歪んだ姿で見えてきてしまいます(注1)。恐らくは、政治家不信感の発生メカニズムの背景の内の一つには、このような事情もあるのではないか、と思うのです(注2)
(注1)ただし、TV番組の中で一部キチンと政策を追求する番組はありますし、例えば『Foresight』や『選択』のような政治経済専門誌などでキチンとした報道をする雑誌はありますが)。
(注2)原因はこれだけではありませんが。
 
 実際には、元・自由党政治家候補生として実際に政治家を直接身近に見た所感としては、現実の政治家には志があり、政策を考えている人の方が多いです(ライバル政党も含めて)。ところが、上述のようにマスコミは、政策は伝えても、政策を伝えてくれません。報道されるのは、おもしろおかしい「権力闘争」の話ばかりで、当事者の政策への思いは報道されません。権力闘争は手段であって目的ではないのに、手段の話ばかりしか報道されないし、政策に関する報道も、その政策で予想可能な効果について、経済学や安全保障論などの学問的基礎を基にしてキチンと分析した内容ではなく、いたずらに感情論を煽るようなスタンスの内容ばかりです。
 
 人は感情の動物で「心はアタマに勝ってしまう」ので学術的解説を行うよりも有効な報道なのでしょうが、「それを悪用しているとしか思えない」とさえ思います。繰り返しますが、昭和の初期、国民が当時の政党政治に愛想をつかし、それが「国民世論動向面からの、日本の先次大戦への原因の一つ」になりました。
 
 それ故、私は皆様にお願いしたいと思います。個別の各政治家のHPや政策ビラを自分の眼で見ていただきたい。自分のアタマで考えること抜きに、「報道されているイメージ」で期待感を気分的に無くすようなことは、避けていただきたい。その上で、自分が賛同可能な政策を唱えている候補者を自分のアタマで選んでいただきたい。
 
 ただし、この点からは、多くの皆様が感じているのとは別の理由で2点、私は政治家にも腹が立っています。
 
 1点目は、地方議会選挙で皆、所属政党を隠して無所属で立候補している点です。上述のような昭和の初めの歴史を教訓とするならば、たとえ国民世論が政党に愛想を尽かしていたとしても、政党政治の終焉は戦争への道になるという危機感を抱くべきであり、であれば、地方議会の候補者が行うべきことは「所属政党隠し」ではなく「政党政治の再建」を行うべきだと私は思います。ただし、「ヒトは『べき論』では動かない(この場合、「ヒト」は地方政治家)」ので、ここで怒っているだけではこのような地方議員の態度は改まりません。故に、政治家に上述のような「日和って所属政党を隠す態度」を採らせないようにするためにも、我々は個別の政治家に「俺はちゃんと政策を見て評価してるんだぞ」という姿勢を伝えることが必要だと思います。そのためにも、私は皆様に、自分の居住地域の政治家のHPや政策ビラを見た上で、その上で自分が賛同可能な政治家に投票していただきたい、と思うのです。
 
 政治家に腹が立っている点の2点目は、政策科学に属する学問、特に私にもよく分かる自分の専門分野で申せば、理論経済学と外交・安全保障論に関しての学問的基礎の浅さです。この点について、詳しく解説します。
 
 政治家は「政策を考えていない(=国のことを考えていない)」旨は実は虚像で誤りだと上述しました。さらに申せば、実は現実の政治家は実はよく勉強しており、志も高い場合が多いです。ですが、問題は、その勉強の中身だと思うのです。学問的基礎があやふやなまま、なまじ問題意識や志だけ高いので、「『個別の事象』を勉強することはできても、(社会科学の)科学的仮説モデル(法則)に基づいて発生メカニズムを分析して、法則に則して影響をシミュレーションしながら政策立案を行う」能力が欠けている場合が散見されるのです(注)。個別事象を学問的基礎抜きに見るだけですので、「単なる条件反射」的な政策が出て来る場合が多いと思います。 (注)ただし、全員ではありませんし、余程優秀な奴でも全分野はムリなので、個別分野だけでもキチンとできる政治家も多いですが。
 
 ところが、特に経済政策と外交・安全保障政策の場合、法則(科学的仮説モデル)に基づく因果関係が複雑だったり、その結果、感覚的な直感とは矛盾する結果になったりする場合が多いので、「学問的基礎を欠いた奴が条件反射的に政策立案する」と、実は極めてリスキーだと思うのです。この点が、私が感じている苛立ちです。
 
 上述のような「『政局』は報道しても『政策』は報道されない」ため、人々は「政治家は政策のことは考えていない」と誤解しがちですが、繰り返しますがそのイメージは事実ではありません。しかし、「マトモな政策」立案能力を欠いたまま、なまじ志だけが高くて素人判断的な政策ばかり考える政治家が多い・・・この点が問題だと思うのです。
 
 この観点からも、私は皆様には、自分のアタマで各候補者の政策を吟味する評価眼を養っていただきたい、と思います。政治家を選ぶのは私たち国民であり、上述のような政治家の学問的基礎の浅さは、つきつめて考えれば国民の政策評価能力という課題でもあります。上述で私は「自分のアタマで選んでいただきたい」と述べましたが、「アタマで」と敢えて付け加えたのは、このような意図があります。「感情でしっくりハマる」政策に「気分的に反応する」のではなく、有権者1人1人にキチンと評価眼を身に付けていただきたいのです。
 
 もっとも、「ヒトは『べき論』では動かない」ので、ハッキリ言ってムリなことだとは分かっております・・・皆様とは別の意味で、思わず私は絶望的になってしまいますが。
 
 ですが、民主主義は、意志決定手続きの正統性を保証するものではあっても、意志決定内容の妥当性を保証するものではありません。民主主義を衆愚政治に陥らせないようにするためには、私たち1人1人がキチンとした政策評価眼を身に付けることが必要だと思うのです。でないと、民主主義なんて、いとも簡単にアッサリと衆愚政治に墜ちてしまいます。ですから、ムリを承知で敢えてお願いしたい。政策評価眼をキチンと身に付けた上で、各位が自分のアタマで考えて投票するべき政治家を選んでいただきたい、と。
 
 そのためには、皆様には、「余り報道されていない事実」にも目を向けていただきたいと思います。政治家の資質で申せば、例えば、ライバル政党の政治家ながら塩爺こと塩川正十郎は政界でも有数の勉強家で、わざわざ金を払ってでも学識専門家を呼んで話を聴いていたなどという「マジメな取り組み」の話は余りマスコミでは報道されていません。逆に、国会議員ならば行うべき「朝の勉強会」を某○○代議士は行わず不勉強なのに、その不勉強ぶりがマスコミで余り多くは報道されていないので世論で人気が高かったりいたします。また、政策判断の背景としては、例えば○○国の過剰な軍備増強は、TV・新聞メディアでは報道されないか、報道頻度・印象が過小報道です。 (注)全く報道がゼロゼロか否かは存じ上げませんが、少なくとも多くはありません。
 
 それでは、「余り報道されていない事実」に目を向けるにはどうしたらよいのでしょうか。実は、TV・新聞メディアで余り報道されていなくても、例えば上述の『Foresight』や『選択』、個別分野であれば『フォーリン・アフェアーズ(Foreign Affairs)』、『東アジア戦略概観』、『金融財政事情』、『世界の艦船』、産業技術や科学政策上の評価眼涵養のためは工学系雑誌や『Newton』等の科学系雑誌、等にはTV・新聞メディアに載っていない報道内容が載っています。情報収集ネタとしては、このような雑誌に目を通しておくと、様々な情報が得られます。この他、かつては『諸君!』や、時事通信社が発行していた『世界週報』等の良質な雑誌もあったのですが、両誌は残念ながら休刊になってしまいました。
 
  また、「理論的基礎」のためには、例えば『経済セミナー』等の「或る学問を学ぶ雑誌」に、「理論を用いて現実をどう分析するか」のヒントがよく載っていますので、「覚える」のではなく「考える(=それを使って分析できるようになる)」ようになるのにはお薦めだと思います。教科書的には、絶版になってしまった本も含めれば、以下のような本で「考え方」のヒントが載っていると思います。
 
○ 経済政策に関して
・ 辻村江太郎『経済政策論 第2版』(筑摩書房,1977)
・ 辻村『はじめての経済学』(岩波書店,2001)
・ 辻村『計量経済学』(岩波書店, 2008年(1981年の再刊))
等、辻村江太郎教授の本
 
○ 経済学における実証科学としてのモデル・ビルディングの方法について
・ 小尾恵一郎『計量経済学入門 実証分析の基礎 (叢書・現代経済学入門 10)』(日本評論社,1972)(←経済学以外の全ての実証科学にも考え方が使えます。)
・ 辻村『計量経済学』(岩波書店, 2008年(1981年の再刊))
 
○ 国際経済学・貿易政策の基礎
・ 浦田秀次郎『国際経済学入門 第2版』(日経文庫,2009)
・ 野口 旭『グローバル経済を学ぶ』(ちくま新書,2007)
・ ポール・クルーグマン『良い経済学 悪い経済学』(日経ビジネス文庫,2000),特にp.116
 
○ 地域産業振興に関して
・ 石倉洋子,藤田昌久,前田 昇,金井一ョ, 山崎 朗『日本の産業クラスター戦略―地域における競争優位の確立』(有斐閣,2003)等、金井一ョ教授の本や論文
・ マイケル・E. ポーター著,竹内弘高訳『競争戦略論II』(ダイヤモンド社,1999)等、産業クラスター論についての本
 
○ 国際政治学・安全保障政策に関して
・ 神谷不二,高橋和夫『現代の国際政治 改訂版版』 (放送大学教材,1991),  神谷不二『朝鮮戦争―米中対決の原形』 (中公文庫,1990),  『国際政治の半世紀――回顧と展望』等、神谷不二教授の本
・ 防衛大学校安全保障学研究会編『安全保障学入門新訂第4版』(亜紀書房,2009)
・ 防衛大学校安全防衛学研究会編『軍事学入門』(かや書房,1999)
防衛省防衛研究所編『東アジア戦略概観』(各年)
・ リデル・ハート『戦略論―間接的アプローチ』(原書房)
・ 戸部良一,寺本義也,鎌田伸一,杉之尾 孝生,村井友秀,野中郁次郎『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』 (中公文庫,1991)
・ 増田 弘監修『なぜ世界で紛争が無くならないのか』(講談社+α新書,2009)
・ 曽村保信『地政学入門―外交戦略の政治学』(中公新書,1984)
・ 曽村保信『海の政治学―海はだれのものか』(中公新書,1988)
・ スイス政府『民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる(新書)』(原書房,2003)
・ Joseph S. Nye, Jr., "The Case for Deep Engagement", FOREIGN AFFAIRS,July/August, 1995, p. 91.(邦訳:ジョセフ・S・ナイ「米軍の撤退など論外だ」『新脅威時代の「安全保障」−『フォーリン・アフェアーズ』アンソロジー』(中央公論社、1996))
・ ヘンリー・A・キッシンジャー,岡崎久彦監訳『外交 上・下』(日本経済新聞社、1996)
・ ポール ケネディ著,鈴木主税訳『決定版 大国の興亡―1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争 上・下』(草思社,1993)
・ 中村好寿『軍事革命(RMA)』(中公新書,2001)
・ 小此木政夫『北朝鮮ハンドブック』(講談社,1997)
・ 岡崎久彦『戦略的思考とは何か』(中公新書,1983)渡部昇一・岡崎久彦『賢者は歴史に学ぶ―日本が「尊敬される国」となるために』(クレスト社、1997年3月)岡崎久彦氏の本
・ 東 祥三『サムライ国家へ!』(PHP研究所,2004),  東 祥三『日本ただいま脳死状態されど望みは捨てず』(高木書房,2007)等、東 祥三氏の本
 
○ 国際政治学・安全保障論分析眼に必要な歴史教養、一次資料、その他等
・ ヘロドトス歴史
・ 司馬遷史記(解説本であれ可)
・ 『三国志(史書であれ、演義』であれ、解説本であれ可)
・ 塩野七生『ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)ローマ人の物語8』(新潮文庫,2004)等、塩野七生の本
・ 東洋,東西,国内,国外問わず、ありとあらゆる歴史の本
・ ジェームズ・A・ベーカーIII,仙名 紀訳『シャトル外交 激動の4年 上・下』(新潮文庫,1997)
・ H・シュワーツコフ,沼澤洽治訳『シュワーツコフ回想録―少年時代・ヴェトナム最前線・湾岸戦争』(新潮社,1994)
・ マイケル・H・アマコスト,読売新聞社外報部訳『友か敵か』(読売新聞社、1996)
・ 平間洋一『日英同盟―同盟の選択と国家の盛衰』(PHP新書,2000)
・ 宮城大蔵『「海洋国家」日本の戦後史』(ちくま新書,2008)
・ エズラ・F. ヴォーゲル,渡辺利夫訳『アジア四小龍―いかにして今日を築いたか』(忠孝新書,1993)
・ 萩原宜之『ラーマンとマハティール ブミプトラの挑戦 現代アジアの肖像14』岩波書店,1996)
・ 平松茂雄教授の本
・ 渡部利夫『新脱亜論』(文春新書,2008)
・ 山本一郎『”俺様国家”中国経済とつきあう法』(文春新書,2005)
・ 水谷尚子『中国を追われたウイグル人―亡命者が語る政治弾圧』(文春新書,2008)
・ 北村 稔『「南京事件」の探究―その実像をもとめて』(文春新書,2001)
・ 綾野,富坂聡編『中国が予測する“北朝鮮崩壊の日』(文春新書,2008)
・ 安 明進,金 燦訳『北朝鮮拉致工作員』(徳間文庫,2000)
・ 萩原 遼『拉致と核と餓死の国 北朝鮮』(文春新書,2003)
・ 張 竜雲『朝鮮総連工作員―『黒い蛇』の遺言状』(小学館文庫,1999)
・ 韓 光煕『わが朝鮮総連の罪と罰』(文春文庫,2005)
・ 金 賛汀『朝鮮総連』(新潮新書,2004)
・ 金 賛汀『将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー』(新潮新書,2009)
・ 野村旗守『北朝鮮利権の真相』(宝島社文庫,2004)
・ 齋藤 勉『スターリン秘録』(扶桑社文庫,2009)
・ 志水速雄『フルシチョフ秘密報告「スターリン批判」全訳解説』(講談社学術文庫,1977)
・ 佐藤 優『自壊する帝国』(新潮文庫,2008)
・ フランソワ・フェイト著,熊田 亨訳『スターリン以後の東欧』(岩波選書,1978)
・ ズデネク・ムリナーシ著,三浦健次訳『夜寒―プラハの春の悲劇』(新地書房,1980)
・ アレクサンデル・ドプチェク著,熊田 亨訳『証言 プラハの春』(岩波書店,1991)
・ アレクサンデル・ドプチェク著,森泉 淳訳 『希望は死なず―ドプチェク自伝』(講談社,1993)
・ ヨゼフ・スムルコフスキー著,山崎功訳『スムルコフスキー回想録―わたしは屈服しない』(読売新聞社,1976)
・ ミハイル・ゴルバチョフ著,工藤精一郎,鈴木康雄訳『ゴルバチョフ回想録 上・下』(新潮社,1996)
・ ヴォイチェフ ヤルゼルスキ著,工藤幸雄訳『ポーランドを生きる―ヤルゼルスキ回想録』(河出書房新社,1994)
・ エゴン・クレンツ著,佐々木 秀訳『インサイド・ドキュメント 国家消滅―「ベルリンの壁」を崩壊させた男50日の真実』(徳間書店,1990)
・ ハンス・モドロウ著,山本寿一等訳『ドイツ、統一された祖国―旧東独首相モドロウ回想録』(八朔社,1994)
・ クリストファー・アンドルー,オレク・ゴルジエフスキー共著,福島正光訳『KGBの内幕 上・下』(文藝春秋1993)
落合信彦『モサド、その真実―世界最強のイスラエル諜報機関』(集英社文庫,1984)
アンワル・エル・サダト『サダト自伝―エジプトの夜明けを』(朝日新聞社,1978)
 
 この他、不肖、拙文や拙訳本(共訳)にはなり恐縮ですが、理論的基礎を踏まえた上でどう考えるべきかという見地からは、以下の拙文をご参照いただけます。
○ 地域産業振興や地域活性化,科学技術政策のためであれば、
・ 神山卓也「地方都市の地域産業振興 − 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして −」(私の博士学位論文,2007)
・ 宮崎正康 地域研究会編著『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』(ぎょうせい,2005)』の拙担当章
・ 高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント 』((株)ケー・ユー・ティー発行,丸善発売,2006) の拙担当章
□ 近年の私の研究業績中、地域産業振興に関するもの(含む「地域のマーケティング」)
・ P.エドワーズ著,深谷庄一監訳『クローズド・ワールド コンピュータとアメリカの軍事戦略』(日本評論社,2003年) の、私が訳した「SAGE」の章
□ 拙大学院修士課程時代のレポートの内、
・ 「産業競争力維持のための教育改革の提唱− 若者の理工系離れ対策に関する私見 −
・ 「戦後の工業化・都市化政策の評価
 
○ マクロ経済成長については
・ チャールズ・I・ジョーンズ著,香西 泰監訳『経済成長理論入門 新古典派から内生的成長理論へ』(日本経済新聞社,1999)
□ 拙大学院修士課程時代のレポートの内、 ・ 「石油ショック時代の日本経済と経済政策
 
○ 外交・安全保障政策の基本であれば、
□ 私の研究業績の内、
・ 神山「海洋の自由維持のための日米安保再々定義の提唱」(防衛大学校防衛学研究会『防衛学研究』第22号,1999(平成11年)11月)pp.122-136.
□ 拙大学院修士課程時代のレポートの内、
・ 「ソ連およびロシアの国境紛争のケース・スタディ
・ 「チェコスロバキア動乱のケース・スタディ
・ 「北朝鮮の政治経済学
・ 「マレーシアの経済成長と産業構造の変化
・ 「ラテン・アメリカ(中南米)の経済
等が、参考になると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

<要旨>政治離れは自分たちの自殺行為である旨を伝えるメッセージ。Keywords = 政治,政策,政治家,絶望,報道,マスコミ