偽YAHOO!記事「中国軍 沖縄に侵攻」の問題について論じる。Keywords = 中国軍,侵攻,記事,沖縄,偽,YAHOO!
   このホームページのトップへ
 
 
「中国軍 沖縄に侵攻」偽記事事件について−−中国軍の沖縄侵攻の可能性が偽記事事件で表面化するのは困りものだ
(2005年11月)
 
 
神山卓也
 
 
 「中国軍 沖縄に侵攻」という偽YAHOO!記事画面を作っていた輩がいた事件が生じた。私は、この事件は、中国軍の沖縄への侵攻の可能性が一般の目に触れる現れ方が最もくだらない現れ方で現れたという点において、極めて問題のある事件だと思う。
 
 実は、既に1999年に拙稿「新ガイドライン周辺地域への台湾の明記化と沖縄駐留米軍問題について〜平和を守るためには適切な外交シグナルが必要だ」で論じていたように、中国には(1) (明示的にではないが)潜在的に沖縄渡海侵攻のニーズと意図と国益があり、(2) かつ急速にその実現性可能能力を高めつつある。現在、中国の沖縄への侵攻が非現実的であるが、それは中国が平和友好国家だからなのではなく、単に沖縄に米軍が駐留しているという軍事バランス上の力学関係があるためだからであるに過ぎない。なお、歴史経験則を俯瞰すれば中国は軍事的劣位国に大して軍事上の野心を断念した例はないから、「口先だけの外交交渉」による日中友好云々などという「幻想」は、中国の沖縄への侵攻意図を防ぐ抑止力になどなり得ない。現在、中国が沖縄に侵攻することが非現実的である理由は日米安保が存在することと沖縄に米軍が駐留しているという事実だけに基づくものである。
 
 上述認識が何故か、という理由については、拙稿「新ガイドライン周辺地域への台湾の明記化と沖縄駐留米軍問題について〜平和を守るためには適切な外交シグナルが必要だ」拙稿「海洋の自由維持のための日米安保再々定義の提唱」(防衛大学校防衛学研究会『防衛学研究』第22号,1999年11月)pp.122-136などで論じ済みであるから、本稿では述べないので、詳しくはこれら別の拙稿をご参照願いたい。
 
 平和というのは放っておいても成立するものではなく、かつ、中国のような国との間にはパワー・バランス以外に平和を維持する術は現実的にはあり得ないので、「日中二国間友好関係」などという幻想で日中平和が実現するなどという考えは「深窓のお嬢様的世間知らず」の甘い発想であるに過ぎない。我々は常に、「米軍が沖縄に駐留しなくなったら中国が沖縄に侵攻する可能性が出て来る(「必ず」ではないが、「可能性は高い」)という潜在的リスクを考えておく必要がある。そのような事態は、(日本では報道されていない)中国の被征服異民族に対する苛烈かつ残虐な仕打ちも抱き合わせで鑑みれば、沖縄県民にとっては地獄以外の何物でもない。また、この観点からは、米軍だけを見て沖縄からの米軍撤退を要求したがる沖縄県民の動向は、米軍よりももっとひどい「悪魔の国(=中国)」を呼び込み現地の事態を悪化させる方向に作用する、自殺行為になるリスクでさえある、と認識することが必要だ。この観点からは、中国の沖縄侵攻の可能性に警鐘を鳴らすことは実は必要なことだ
 
 だが、問題は、その現れ方である「中国軍 沖縄に侵攻」という偽YAHOO!記事画面を作っていた輩がいたなどという形で現れるということは、「アブナイ」奴の行為、「いっちゃった」奴の行為、「オタクが引き起こした事件」として世間に現れることになるので、「アブナイ」,「いっちゃった」,「オタク」というようなネガティブ・イメージと「中国の沖縄侵攻」とが人々の心の中で結びついてしまい、以降、マジメな議論で中国の沖縄侵攻リスクについて論じると「アブナイいっちゃったオタク」と同一視されるリスクが出て来る。そうすれば、「現時点では、中国の沖縄侵攻が非現実的である状況を作ってくれている理由」でもある、日米安保堅持の主張への足を引っ張ることにもなるので、結果論的には潜在的な「中国の沖縄侵攻」リスクを高める方向に作用しかねない、と私は危惧する。
 
 このような観点からは、「中国軍 沖縄に侵攻」という偽YAHOO!記事画面を作っていた輩がいた事件は極めて稚拙かつ「よくない体裁で中国の沖縄侵攻リスクが表面化した状態」だと思う。中国の沖縄侵攻リスクは、もっと、マトモかつマジメな形で表面化して論じられ、きちんとした対策が施されて軍事バランスが維持されることにより、「潜在リスクがあるからこそ、防衛力強化や日米安保によって中国を封じ込め続けることによりお、それを非現実なままにしておく」ことを可能ならしめるべきだ、と私は思うのである。日中戦争を防ぎ平和を守るためには、適切な中国封じ込めが必要であり、そのためには「「中国の沖縄侵攻リスク」を認識するからこそ、キチンと軍事的にそれに備えることにより「中国の沖縄侵攻リスクを非現実化させ」続けること」が必要であり、そのためには、この「中国の沖縄侵攻リスク」はこんなオタッキーな表面化をしてはいけないのである。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

偽YAHOO!記事「中国軍 沖縄に侵攻」の問題について論じる。Keywords = 中国軍,侵攻,記事,沖縄,偽,YAHOO!