マニフェスト(政権政策)と従来の公約との違いを解説し、民主党と自民党の姿勢について述べた論説です。Keywords = マニフェスト,政策,公約,政権,民主党,自民党
   このホームページのトップへ
2003年10月作成
 
マニフェストとは?。マニフェスト(政権政策)と従来の公約との違いは何か?。民主党と自民党の対応姿勢は?
 
 
神山 卓也
 
 マニフェストとは政権政策のことで、選挙の際に各党が自分達の政策として掲げるものである。従来の公約との相違点は、数値目標や期限、財源などを明記したものだ。
 
 従来の公約は「信用できないもの」という見方が普通だったが、もともと「実現可能性」を無視して耳当たりの良いことばかり人気取りで言っていたから、やろうと思っても実現できなかった、という側面もある。例えば福祉を充実させるとお金がかかるから増税しなければならないとか、例えば逆に減税すればどこか予算を削らなければならないとか、例えば福祉予算を増やすために産業振興予算を削ったら産業の停滞を招いて失業者が増えてむしろ福祉予算が増えてしまったりだとか、例えば逆に福祉予算を削って産業振興費に回したら将来の不安感故に人々が消費を削って景気停滞が続いて産業振興上も逆効果になったりとか、本当は何かをしようとすれば別の何かは悪くなったり因果関係が複雑で逆効果になったりするので、「あれもこれも」などということはしょせん実現できないのである。それなのに「良いことばかり」言うから無責任な口約束になってしまうのである。
 
 マニフェストはこのような空手形の口約束だけの公約を排除し、キチンとして責任ある政策と実現手段を提示して、「あれもこれも」は不可能な中で何を重視するかという観点から各党の政策を国民に選んで貰うためのものである。したがって、「責任のある現実的な政策の約束」であるという点が従来の公約との相違点である。これは政治家が変わるというだけではなく、国民の側にも、「あれもこれも」は無理な中で「何に優先順位をつけるか」というキチンとした判断をお願いするものである。したがって、国民の側もキチンと責任持って政策を考える必要性が生じてくる。一見厳しい要求のような気もするかも知れないが、民主主義が衆愚政治に陥らないようにするためには必要なことであり、政治家だけでなく国民の側としても責任持って民主主義を遂行していく上には必要なことなのである。
 
 今回の2003年衆議院選挙では、当初は民主党がマニフェストを用意したが自民党は後ろ向きであった。また、以前の公職選挙法の文書交付規定に抵触していたためマニフェストを配れなかったので、公職選挙法を改正して配れるようにしたが、自民党はマニフェスト配布合法化にも最初は抵抗し、今でもインターネット上での公開の合法化には成功できていない。このような自民党の後ろ向きの姿勢は、本音言えばマトモで責任のある政策提示がなく、「耳当たりの良いバラマキ」以外の政策がないからであると思う。口先だけで構造改革を唱えている小泉政権でも、このようなマニフェスト配布における当初の後ろ向き姿勢から自民党の本音での体質を窺い知ることができると思う。
 
 国民が責任を持って投票して政党を選んで政権を委ねるためには、政党がマニフェストを提示して国民がそれを評価することが必要だ。マニフェストを当初は提示しようとせず「耳当たりの良いこと」ばかり繰り返してきた後ろ向きの姿勢は、自民党の無責任体質、ごまかし、まやかし体質の現れでしかないと思う。何とか公職選挙法の改正に成功して事務所での配布はできるようになったが、それでもHPでの公開は違法だという。本来の公職選挙法の文書交付規定は、金持ちだけが立候補できるような状況を防ぐことを目的として、ビラを印刷するのにはカネがかかるために候補者間の公正を実現させるための規定だった筈だ。であれば、インターネットのHPのようにカネのかからないもので責任あるマニフェストを提示してはいけない、というのは、「時代が変わって技術変化が生じたために法律の条文が法律の趣旨と逆になっている事例」なので、直ちに改めるのが趣旨であろう。であるにも係わらずこのような改訂に自民党が消極的であるということは、「マトモな政策を提示しての選挙」に自民党が後ろ向きであることの証左であり、「政権を担う能力は自民党だけが持っている」ということが幻想であるに過ぎない(むしろ自民党こそが政権を担う資格の無い無責任政党である)ということであろう、と私は思っている。
 
 国民のみなさんは、小泉流パフォーマンスにだまされてはいけない。自分の選挙区の候補者をよく比較検討して、自分の頭で考えて判断して誰に投票するかを決めることが必要だ。何が本物で何がニセモノか。パフォーマンスに目がくらんでごまかしやまやかしにだまされてはいけない。自分の頭でしっかりと考えることが、今こそ私達国民ひとりひとりに必要なことだと思う。
 
 
 
 
 
 

民主党候補者リンク集
北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬千葉埼玉東京神奈川山梨長野新潟富山石川福井静岡愛知岐阜滋賀三重京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

マニフェスト(政権政策)と従来の公約との違いを解説し、民主党と自民党の姿勢について述べた論説です。Keywords = マニフェスト,政策,公約,政権,民主党,自民党