北朝鮮金正日政権に対する経済制裁と戦争と外交交渉について述べた論説です。Keywords = 北朝鮮,金正日,戦争,外交,交渉,制裁
   このホームページのトップへ
2003年08月作成
 
北朝鮮金正日政権に対する経済制裁と戦争と外交交渉について
 
 
神山 卓也
 
 北朝鮮に関して拉致問題解決抜きの国交正常化をしてはいけない旨につきましては、かねてより私が当WEBサイト中の「政策提言の部屋」中の「北朝鮮による日本人拉致事件解決抜きのコメ支援開始を行ってはいけない理由(2000年4月−3)」で述べてきたとおりですが、この時点では私は武力解決までは考えておりませんでした。が、今では考えが変わっております。
 外交・安全保障政策において「交渉による外交」と「軍事」とは車の両輪であり、外交とは剣を用いない戦争であり戦争とは口を使わない外交であり、予め両輪の内の片方に制約を化して交渉に臨むというのは本来外交交渉上あるまじきことである、というのが考えを変えるための必要条件(十分条件ではない)です。武力解決まで考えていなかった時点でもここまでは同じですが、何故考えを変えたかというと、それは期限の不利益を想定してのことです。かつては、
 
 
(1)   かつては、北は核を開発したかも知れないがまだ実戦配備前であろうという予測を前提として、北が核の実戦配備をする前に金正日政権が潰れる可能性が高いと考えていた
(2)   北と米軍が戦争に陥った場合に日本が対米協力しない可能性が高く、その場合北が片づいた後で日米安保破棄を米国から通告されるリスクが高く、それはかつて、「第一次世界大戦時に欧州戦線での対英陸上協力を日本が断ったため後の日英同盟破棄を防げず、日英同盟破棄後約20年後に対英米戦争になって国が滅びた」過ちを繰り返すリスクが高い。日本が空想的平和論から脱して集団的自衛権を行使可能になってキチンとした対米協力が可能になるまで時間かせぎしたい。

 
  の2点から、実際の武力解決勃発を恐れていた訳です。特に後者については、単に北朝鮮や短期的な朝鮮半島統一問題だけでなく、統一後の国際環境まで長期的に俯瞰して、そのために今の内に整えなければならない国内環境が未だ整っていないとの情勢認識に基づくものでした(はっきり白状すれば先送りの時間かせぎをしている内に国内環境を整えたい、というものですが)。
 
 しかし、93,4年頃の最初の核危機から見た対北朝鮮外交を踏まえた場合、結局、当方の当初想定以上に金正日政権は長続きする可能性があり、手段を問わず早い内に金正日を潰しておかずに放っておくと外交・安全保障上手遅れになるリスクが高い、と情勢分析が変わりました。かつ、日本人の反応もようやく「普通の国」化してきたので、「有事の際に対米協力が必要な局面で目先の出し惜しみをして後にもっと大きなしっぺ返しになって戻って来る」リスクも数年前よりも減ってきたと思います。
 
 このように情勢分析が変わった以上、判断根拠の優先順位づけも自ずから変わって来て、金正日政権の早期崩壊に最優先事項が移すべきだと思うようになりました。これは単に日本にとっての国益だけにとどまらず、北朝鮮国民のおかれている非人道的状況をこれ以上放置できない、という判断にも基づくものです。なお余談ながら伝統的国際法上は主権国家の主権は絶対的なものであって、人道的見地からとは申せ他国が内政干渉してはいけないのではありますが、コソボ紛争以来人道的見地は国家主権に優先させて構わない(少なくとも他国から文句を受けないか、或いは今般のイラク戦争のように実行力があるならば他国からの文句は無視し得る)状況になっておりますので、「国家主権の見地から北朝鮮の国民救出を見送る」ことは言い訳に過ぎなくなってしまった、という外部環境の変化もあります(さらに余談ですが、「人道を国家主権よりも優先させる」先例を最初にコソボで作ったのは欧州諸国ですので、今さら仏・独がイラク戦争で対米批判をするのは本当はダブル・スタンダードであるに過ぎないのですが、この点についてはイラク戦争賛成派も反対派も共に何故か余り触れていなかったと記憶しております)。
 
 このように北の核問題に期限の不利益がある以上、手段が外交でも武力解決でもどちらでも構わないから、早く金正日政権が崩壊する方法が最も望ましい、ということになると思います。それ故、武力解決も避ける必要が無い、というのが今の私の意見です。さはさりながら日本単独で武力解決する力は無く、また、キル・レイショウ(注)で元が取れないことから、武力解決は積極的に求めるものではありませんが、交渉している間に核開発に成功されてしまった場合の方のコストはもっと高いですから、最初から武力解決を排除するものでもないと思います。露骨に本音を申せば、キル・レイショウの割の悪ささえ無ければ、武力解決を「外交手段による金正日政権転覆」よりも優先すべきと思いますが、キル・レイショウの効率性を思えば単に勝てば良いというだけではないため、「外交手段による金正日政権転覆」の方にやや優先順位を与えるべきかと思います。ただし、間に合わないと思ったら、その瞬間に武力解決を決意することに対してやぶさかであってはいけない、というだけの話です。
 (注)キル・レイショウ:分かり易く申せば戦争における費用対効果。ケネディー政権時のマクナマラ国防長官が作った用語(概念)で、将兵生きて来たこれまでのコストを敵味方比較し、敵の失った損失の方が多ければ費用対効果が出たとするもの。対北朝鮮の場合将兵のこれまでの生きるためのコストは桁違いに日米両国よりも安いので、当方の戦死者1人に対して、北朝鮮人民軍の戦死者が少なくても10人、恐らくは100人以上の割合で発生しないと我々は費用対効果が出ず、コストを回収できないことになります。
 
 なお、外交交渉の作戦としては、北が乗ってこられないような高いハードルを掲げることは決して何の問題もないと思います。日朝国交正常化は元々行った場合に、日本にとっては拉致問題が無かったとしても国交正常化による国益上のメリットはなく、日本からの物資輸入に頼る北朝鮮の方が国交正常化を欲しているという関係にあるため、本来は「交渉上の地歩(バーゲニング・ポジション)」は日本の方が圧倒的に良いのです。バーゲニング・ポジションが高ければ相手の弱みにつけ込んでどんな無理難題でも言えるというのが冷厳な国際関係の鉄則であり、「本来バーゲニング・ポジションが良いのに国交正常化の功績を焦った日本の政治家がその焦り故に不必要にバーゲニング・ポジションを下げてきた」従来の日朝交渉経緯は、外交交渉技術上は拙劣なものであると私は認識しております。仮に百歩譲って私のように金正日政権崩壊を目指さなかったとしても、国益が無い国交成立を行う必要性は日本には無いので、「長期的目標として国交正常化は行わなければならない」という発想自体が本来不要なものと考えます。「国があるならば国交を結ばなければならない」という発想自体が単なる固定観念であるに過ぎず誤りだと私は考えております。国交は必要だから結ぶのであるに過ぎず、不必要ならば結ぶ必要などありません。ましてや金正日政権崩壊を目指す場合には国交正常化を(口先の外交交渉上の見せ餌だけではなく本音で)求めるということ自体がナンセンスだと思います。国交正常化などは、実際には与える予定のない見せ餌や口実に留めるべきものだと思います。日本としては是が非でも6ヶ国交渉に交渉を持ち込んで発言の場を確保した上で、超えられる筈の無い高いハードルを北に突きつけて、建前の上では長期的な国交正常化の目標を示唆しながら(←そうでなければ北はテーブルにつかない)実際には国交正常化など絶対にしない、という姿勢で交渉の場に臨むことこそが正解かと思います。でも今は「月」単位で北による核の実戦配備の可能性が上がっているので、交渉のテーブルについてやっても構わない期間は長く見ても6ヶ月であり、それを過ぎたら日本の街のどこかが核攻撃されることを覚悟すべきであり、日本における核の悲惨な被害を防ぎたかったら「やられる前にやれ」以外の選択肢はいずれ無くなるであろうと思います。ただし、「やられる前にやれ」と申しても北でも金正日政権の犠牲者である北朝鮮一般国民には可能な限り被害がでないようにするべきであり、そのためにはビンポイント爆撃が必要になり、かつ、自衛隊には今のところ長距離攻撃はおろかピンポイント爆撃のスキルが無いため、武力解決時のこちら側の主戦力は米国にならざるを得ないとは思いますが。
 
 また、別な観点からの外交交渉上の手段である経済制裁としては、これも以前は過度にやる必要はなく丁度現状程度(万景峰号は止めるが貨物船交易は見逃す程度)でいいと思っていましたが、今では「完璧経済封鎖」に意見を変えております。これは、かつては武力解決自体は避けたいと考えていたため、「『ABCD包囲網によって追い詰められた日本が窮鼠猫をかむ的状況に陥って対米開戦した』過去の教訓に学ぶならば北を窮鼠にしてはいけない」と考えていたためですが、今は金正日政権崩壊に戦争勃発よりも高い優先順位を付けており、かつ、「窮鼠猫をかんで暴発したら叩き潰す良いチャンスだ」とまで腹をくくっておりますので、経済封鎖も本気で相手を潰すつもりのレベルで行うべきだと考えております。
 
 なお余談ながら、朝鮮総連系組織への銃撃や爆弾設置事件のような類のテロ犯罪には私は反対です。いくら相手が北であってもテロ犯罪自体が卑劣な方法であると同時に、国内テロをやると「アンチ北の人はアブナイ人」という偏見を持たれることにより一般国民の反応が逆方向に触れて世論の離反を招くリスクがあり、そもそもハナ信用組合を潰すならば金融庁が本業で毅然とした態度を取れるように政治家が頑張れば良く、その方向で対応を進めるのが本筋だからです。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

北朝鮮金正日政権に対する経済制裁と戦争と外交交渉について述べた論説です。Keywords = 北朝鮮,金正日,戦争,外交,交渉,制裁