本稿は、民主主義とは何かについて考察する発言です。思想信条の自由、発言の自由、自由無記名選挙などを提唱します。 : KEYWORDS = 民主主義,思想,発言,自由,無記名,選挙
   このホームページのトップへ
 
 
民主主義とは何か
(2003年04月)
 
 
神山 卓也
 
 私は、このサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋」で、「日本は米国によるイラク攻撃を支援すべきだ〜悪の枢軸国にどう対処すべきか〜(2002年10月−2,2003年1月微修正)」(リンク先は発言削除済み)という発言と、「米国のイラク攻撃反対に反対〜近視眼的エセ平和主義は中長期的にはもっと悲惨な戦争をもたらす〜(2003年01月−1)」(リンク先は発言削除済み)とを書いていましたが、先般、訳あってこの両発言を削除するはめに陥りました。
 
 それは、有り体に申し上げれば、私の発言に反対の意見を持つ人が私の所属会社に対して「おたくの神山がこのような発言をしている」と密告し、私の発言が世論の動向とは反対の意見であるとしてビジネスへの悪影響を恐れて発言削除を社内で要請されたためです(注1)。私自身、サラリーマンという立場ではビジネスへの影響を考えれば、「お客様と、仲間達と、会社」を人質に取られたような立場に陥ってしまいますため、このような影響を考えれば発言を削除せざるを得ませんでした。少なくとも私がこの会社の社員である限り、先般の発言を復活することは叶わないでしょう。なぜならば万一私の発言によって会社の事業に支障が出た場合、お客様にも会社の仲間にも迷惑がかかる、すなわち「お客様と、仲間達と、会社」を人質に取られてしまった状況であるためです。当ホームページでの発言はオフの時間に行っている私人としての発言であって公人としての発言ではないため、会社は一切関係なく私の発言に対して会社には責任が無く、会社を持ち出されることは卑劣極まりないのですが、元々卑劣な手段を意図的に用いる人間に対して「道徳」など説いても遺憾ながら話が通じる訳などありません(注2)
(注1)厳密に言えば、世論の動向と違うかどうかについては疑問があります。それは、小泉政権の自衛隊イラク覇権に対する世論調査では政権の政策に対して一定の支持があるためであり、言い換えれば「マスコミ報道」や「新聞投書欄に投書する人」と、サイレント・マジョリティとの間にずれがあるためです。細かく申せば自衛隊の米国によるイラク攻撃や自衛隊のイラク覇権に対してTVと新聞は反対の論陣を張っていたが月刊論壇誌は必ずしもそうではなかったとか、さらに子細に分析すればいろいろとおもしろい現象も観察することができます。
(注2)余談ですが、私の当ホームページでの発言に関しては、所属政党自由党(2003年10月以降は民主党になる予定)も、会社が免責であるのと同じ理由で免責です。自由党は「米国のイラク攻撃自体には反対しないが日本による自衛隊の覇権には反対」であり私の私見とは異なるので、私が自由党に籍がある(あった)からと言って拙説が自由党の意見であると思われては困ります。
 
 でも、このようなことがあって本当に良いのでしょうか。私はここで、「民主主義」の定義についてもう一度考え直してみたいと思います。みなさんは、「民主主義」の条件とは何だと思いますか?。教科書的な定義やドイツ観念論的な定義や表面上の法制度にとどまらず、「民主主義が実効的に機能するか」という観点から古今東西の各国の歴史を俯瞰した場合、国際政治学徒として私は、「民主主義」とは以下の3点が成立の条件になると思っています。
 
 
(1)   思想・信条の自由と発言の自由とが保証されていること。具体的に申せば、誰が何を発言しようと、生命・身体・財産・その他諸々の権利などが侵されないこと。
(2)   複数候補者が実質的に可能な選挙が行われること。
(3)   選挙では無記名の秘密投票が許されること。

 
 
 上記の内、(1)については言うまでもないことで、教科書にも出て来るような内容だと思います。(2)と(3)については、具体的には近代・現代国家で独裁政治や全体主義や共産主義政治など非民主主義的な政治が行われた(or行われている)国を想定して、その逆を考えればこうなる、という風に申し上げればよいでしょう。一番分かり易い、(2)や(3)が成立していない例はソ連型の共産主義国の選挙です。旧・ソ連や1989年までの東欧諸国や北朝鮮のようなソ連型の共産国では、「党が国家を指導する」という前提の下、党が定めた候補者名簿による「1選挙区1立候補者のみ」の候補者に対して、有権者は「信任するかしないか」という選択肢しか与えられませんでした。これを、統一候補者名簿方式といいます。そして、投票所においては投票用紙に記名する必要があり、また、投票用紙に記入している状況が「監視」されていました。当然のことながら、統一候補者名簿に載っている候補を「支持しない」ような記入をした場合、あっという間に逮捕されたり粛清されたり強制収容所にぶち込まれたりするような仕組みになっていました。これでは、国民には政治の自由などありません。ですから、真に民主主義が機能するためには、このような統一候補者名簿方式の選挙を排除するべく、複数候補者が(しかも形式ではなく実質的に)出馬し得て、かつ、有権者は投票所で無記名の秘密投票(すなわち、投票用紙に自分の署名をせずに済み、書いている机上は他人から監視され得ない秘密状況(日本ではよくついたてに囲まれた場所で投票用紙に記入しますが、あれのことです)であることが自由な民主主義のためには必要なことになります。なお、法制度上議会があるか否かなどということは、民主主義のためには必要条件ではあっても決して十分条件ではありません。共産主義時代の東欧諸国や北朝鮮にさえ、建前上の議会はあることから、「議会の存在は十分条件ではない」ことがよく分かります。
 
 ここで、いま、私は、発言の自由は当然のことと申しました。でも、ここでいま一度よく考え直してみましょう。先述のような圧力がかかる場合、「発言の自由」は果たして保証されているでしょうか?。しかも、「お客様と仲間達と会社を人質に取られる」という、私にとっては「最も」と申して良い程弱い部分を狙い撃ちされた訳です。
 
 実は、日本ではこのようなことは私が初めて体験することではありません。新しい歴史教科書を作る会による新しい歴史教科書を中学校の教科書として採択する会議では、メンバーに対して脅迫が行われ、それによってビビってしまった人がこの教科書を採用できなかった、という事件が日本各地で相次ぎました。左寄りの方がこの教科書を忌み嫌うことはそれこそ「思想・信条の自由」として自由ですが、だからと言って反対の人(=この教科書を良いと思う人」の「思想・信条・発言の自由」を脅迫や圧力で踏みにじって構わないということにはなりません。
 
 不肖、私の発言も同様だと思います。この拙サイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋」は、プライベートな時間にメンテナンスしている私の個人サイトであり、会社の業務とは一切関係がありません。そこでの発言が不愉快だからといって、「私に対してではなく会社に対して」圧力をかけるなどというのは本来は言語同断のことであります。それは、単に道徳的に極めて卑劣極まりないといだけにとどまらず、先述の民主主義の成立条件に照らし合わせて鑑みれば、実は民主主義の危機だとさえ言えると思います。正に、「今、ここにある危機」なのです。また、このような卑劣な圧力の存在は、いわゆる「平和主義者」の内の一部(←もちろん、全員ではない)が、実は「『あかずきんちゃんの前でおばあさんの皮をかぶった狼(そんな話でしたっけ?)』ならぬ『平和主義者の皮をかぶった左翼』」であるに過ぎず、しかもその手法の背景にあるメンタリティーが正にソ連型共産主義者丸出しで「民主主義的な発言の自由など無くても良いと思っている人達」である可能性を示すよき証左だと思います。なお、余談ですが、私自身は私が反対する意見の持ち主に対して、このような卑劣な行為をしたことはありませんし、したいとも思いません。余談ついでにつけ加えれば、先述の新しい歴史教科書を作る会のメンバーも、自分たち自身は相手側にそのようなことをしたことがないということです。これは、自由主義者としての矜持だと思います。
 
 さはさりながら、現実問題として「お客様と、仲間達と、会社」を人質に取られている以上、極めて遺憾ながら私にはなす術がありません。誤解を避けるべく断っておきますが、この文章を読んだ方は、私の会社のことを悪く思ってはいけません。なぜならば、会社自体も「圧力を受けている被害者」だからです。このような事情により、私は先述の2発言を削除しますが、憤懣が収まらないと同時に、このようなことがまかり通るということは単に私一身上の問題にとどまらず民主主義の危機だと思うので、敢えてここで、このような状況への批判の文章を載せておきます。民主主義の観点から問題アリだということを思えば、このような卑劣な行為をなす密告者は、民主主義の敵、自由の敵だと申しても過言ではないと思います。
 
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

本稿は、民主主義とは何かについて考察する発言です。思想信条の自由、発言の自由、自由無記名選挙などを提唱します。 : KEYWORDS = 民主主義,思想,発言,自由,無記名,選挙