2001年4月の自自公連立からの自由党離脱に際し、「自由党はぶれる」という世評の誤解に対して「自由党の政策はぶれない」旨を説明します。Keywords = 自由党,連立,離脱,政策,ぶれる,ぶれない
   このホームページのトップへ
 
 
自由党の政策はぶれない。−−連立離脱に際して「ぶれる」という世評の誤解を解くために−−
 
 
神山卓也
 
 
 自由党支持者の方々には言うまでもないことでありますが、ポスター張りなんぞをしておりますと、自由党はぶれるから嫌いだという嫌悪感溢れる言葉にぶつかることがあります。
 
 このような見方は、政治の流れを、「どの党とどの党がくっついて、次にこの党はどことくっついて」というような、講談話のような合従連衡劇の次元でしか捉えていないから出てくる見方です。党首の言葉をお借りすれば、政局の観点からだけで政治を見ている訳です。
 
 自由党は結党以来、いや、さらに小沢一郎党首は初回当選以来、基本的なところでは決して政策の志がぶれたことはありません。小沢党首が父君の追悼文集において、既に昭和40年代の時点で2大政党制を提唱していたことは、党首をよく知る者の間では有名な話です。その後、湾岸戦争の体験などを通じて「学んで進化していった」側面はあるかも知れませんが、少なくともぶれたことはただの一度も無い筈です。竹下派を割って以来の小沢党首ならびに現自由党党員の動きは、確かに政党と政党との間の合従連衡劇の上では千変万化である旨は事実でありますが、その過程においては、自由党員は自らの政策理念を通すために、その時々で最も良いパートナーを選んでいたに過ぎません。政策理念は決してぶれていないのです。小沢党首なり自由党員の政策がぶれたのではなく、回りの人々の動きがぶれたためにパートナーが変遷したのであるに過ぎません。
 
 このような動きを、政策という観点から眺めれば、小沢党首や自由党がいかにぶれない人間であるかがよく分かります。一方逆に、政局という観点からだけ眺めれば、いかにもぶれたように外見上は誤解されがちです。小沢党首はよく、「政策を見て欲しい。政局などというものは見ないで欲しい」とマスコミに要請していますが、それはこのようなメカニズムによるものでありましょう。
 
 このことは、今後も同じです。私共自由党員は、政策の上でぶれることはありません。政局という観点からは、その時々で最も良いパートナーが変わるかも知れません。ですが政策の上では決してぶれません。党首曰く、「政策が合うならば共産党とでも手を組む(さすがにここまで言えば極論かとも思いますが...)」という訳です。自自連立を果たしたのは自由党の政策理念を通して貰える約束だったからだし、あの腐れ連立を離脱したのは、公明党加入以降は連立政権内でのキャスティングボードを公明党に握られてしまい、我々の政策理念が通らなくなってしまったためです。ただ単にそれだけの話であり、良くも悪くもそれ以上でもそれ以下でもありません。
 
 ある意味では、どの党と手を結ぶかということは、相手が余程極端な政党ではない限りという条件付きの話ですが、しょせん政策実現のための手段であるに過ぎず、はっきり言って大した話ではありません。もっと露骨に敢えて極論を言えば、そんなことは右でも左でも構わないくだらない話でさえあります。重要なことはただ一つ、政策理念の実現、ただこれだけであります。
 
 私は時間が惜しいのであまりこの件についてこれ以上書き込むつもりはありませんが、政策を見て下さい。芸能人の結婚離婚話にうつつを抜かす井戸端会議じゃあるまいし、どの党とどの党がくっついただとか離れれただとかいうような、政局云々などというくだらない代物は、私には興味がありません。手段としても重要でないなどという極論を言うつもりはありませんが(重要でしょう)、少なくとも政局などというものは単なる手段でしかありません。一番大切なのは政策です。目的を見誤ってはいけません。政策を見て下さい。くだらない政局論議など、太平洋のど真ん中にでも持っていって、魚の餌にでもしてしまえばよいのです。
 
 この文章は、私の本当の思いよりもかなり過激に書いていますので、真意はもう少しまともなところにあると思ってください。「小沢はぶれる」という誤解を聴く機会があまりにも多いので、少々欲求不満になってフラストレーションが溜まっているから、敢えて政局を否定したいような気分になっているのです。小沢はぶれない。自由党はぶれない。政策がぶれたことなどはただの一度も無い。政局などというくだらないうわべだけの代物を見て、政策という最も重要な中身を見て下さらない人が世の中には余りにも多すぎる!、というのが私の不満になります。ですからやはり、政局などというくだらない代物は魚の餌にでもしてしまいましょう。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

2001年4月の自自公連立からの自由党離脱に際し、「自由党はぶれる」という世評の誤解に対して「自由党の政策はぶれない」旨を説明します。Keywords = 自由党,連立,離脱,政策,ぶれる,ぶれない