本稿は、2000年4月の連立離脱時に裏切った保守党が引き起こした自由党分裂に関して、その真相を解説するものです。Keywords = 自由党,分裂,真相,保守党,連立離脱,裏切
   このホームページのトップへ
 
 
自由党分裂に関する真相と所見(2000年4月5日)〜連立離脱時に裏切った保守党を信じるな

〜腐れ連立政権の奴らに小渕首相の弔い合戦をする資格などは無い。小渕首相の無念を本当に果たせて、弔い合戦ができるのは自由党だけだ!!〜
 
 
神山卓也
 
 
今般、党首が小渕首相の容態の変化に対して回復を祈っているお気持ちの傍ら、この情勢を利用して党を離れて政局に持ち込もうとする人達に対しては、私は憤りを禁じ得ず、各マスコミ報道や自由党の仲間から聴いた話を報道事実や伝聞事実を元にして、事実を説明する仮説を立てて今回の連立の経緯についてこれが真実だろうと思う話を述べた上で、私の所見を述べたいと思います。
 
 まず最初に私の思いから先に述べますと、小渕首相の件さえ無ければ本来ならば、今こそチャンス、行きたい奴は勝手に出て行け、純化版自由党で本当に理念のある者だけが戦えば良い、というべきところですが、今は、小渕首相とは古い仲間であった小沢党首のお気持ちを察し、静かに事態を見守りながら、ただし、党を割って行く人達への怒りは隠さない姿勢で臨みたいと思います。
 
 さて、これから、報道事実と伝聞事実とを、所見も交えつつ述べます。事実と意見とはきちんと分けて述べます。
 
 鈴木淑夫議員のHPによれば、3党党首会談においては政策合意の実現を迫る小沢党首に対して小渕首相は、今国会での実現は不可能と回答した由であり、小沢党首との約束と自分の自民党との狭間に追い込まれて倒れたのではないかとの推測が載っています。その上で、小渕首相が政策合意を実現できないと明言した以上、政策合意遂行のために保守党を結党するというのは筋に合わないとして強く保守党メンバーを非難しています。私は、鈴木淑夫議員の意見に全く賛成であります。政策合意の実現ができないから自民党の方から連立解消されたのに、政策合意実現のために新党を作るなどというのはアブサルートリー・ナンセンス、言語道断であります。しかも、それにも係わらず自民・公明が保守党を受け入れたというのは、自民・公明・保守3党が政策などどうでも構わず、ただ単に政局のために野合したという以外には何の解釈のしようもありません。全く持って論外の言語道断の事態であります。こんな腐れ連立にしがみつくなどというのは言語道断、アブサルートリー・ナンセンスであります。
 
 鈴木議員は、保守党メンバーは、(1)「もともと自民党体質の人達であり、改革や政策とはあまり縁が深くなく、自民党への復帰の機会を狙っていたところによいチャンスが来たと」(鈴木議員の表現)思料される自民党出身者(海部、二階、中西氏など)と、(2)「自公の協力なしには当選に不安のある人達(野田、岡島、西野、松浪、三沢氏など)の2グループ」(鈴木議員の表現)とに分けられるのではないかと分類している。その上で、旧新進党からの自民復党組が冷遇されたり、小選挙区選出議員なのに小選挙区の自民党公認を新人に取られた例もあることを述べた上で、後者(2)のグループについては自公に裏切られるリスクがあると述べておられます。さらに、自民党から資金提供の密約があった旨の噂と、党首には当初海部氏を想定していたところ自民党から拒絶されたために変わった旨の話を伝えた上で、これでは自民党のかいらいであると断じています。全く然りでしょう。保守党などというものは単なる野合であるに過ぎません。特に海部,加藤六月の両議員に対しては、湾岸戦争時の政策当局者としてあれ程苦労して、既存の政治ではしっかりとした安全保障対策が取れない旨を実体験しているにも係わらず、改革の志から反していこうとするのは私には理解不可能なことです。
 
 この間の過程については4/5(水)付の『日刊ゲンダイ』紙2面によれば、小渕首相の病気は当初、青木官房長官,森幹事長,野中幹事長代理,古賀国対委員長,二階運輸相の5人で情報を独占し、この5人で今回の政変〜自称「保守党」の裏切りも含む〜と、小沢党首の悪者化のシナリオを作ったのだ、だから病気発表まで時間がかかったのだ、という裏話がある模様です。同様の記事は、微妙に名前が異なっていますが、、4/6(木)に発売された4/13号の『週刊新潮』pp.138−146と『週刊文春』pp.30−32にも載っています。また、『週刊文春』同記事によれば、青木官房長官,野中幹事長代理,亀井静香政調会長,村上正邦参院議員会長の「四人組」は、小渕首相健在中既に、表面上は小渕政権を支えるふりをしながら実は裏側で、「”小沢外し”と”ポスト小渕”」の汚い戦略を立てていた由です。これはまさに小渕外しでもあります。小渕首相はこうした動きを傍観するばかりであり、同記事中の匿名の自民党関係者の証言によれば、「非常に寂しげな様子でしたね。『四人組』には、総選挙で自公が議席を大幅に減らし、小渕首相が退陣した場合の青写真さえあった」ということです。野中幹事長代理のこの汚いやり口には、全くもって開いた口がふさがりません。
 
 なんということでしょう。実は、4/3(月)付け『朝日新聞』朝刊社会面によれば、小渕首相が最後に胸襟を開いて話したのは小沢党首でした。3党党首会談途中の小渕首相−小沢党首直接会談では小渕首相は経世会(旧自民党竹下派)時代に小沢党首と一緒だった時代のことをしきりに懐かしがって話し、「またいっちゃん(小沢党首)と一緒にやりたいね」と言っていたそうです。小渕首相が党首に「気持ちは同じだ」と言ったのは本心でしょう。この話を知って私は悲しみとショックを受けました。小渕首相の病状が回復してくれれば心温まるエピソードになり得ましょうが、少なくとも今はあまりにも痛ましく、悲しいエピソードです。そして、本当は盟友だった小渕首相の病気に小沢党首がショックを受けている間に、この事態を悪用して小沢党首を悪役に仕立てながら二階議員は分派活動を行っていたのです。このため、当初は19人止まりの予定だった裏切り者は26人にまで膨れ上がりました。なんという卑劣な政治的プロパガンダでしょうか。自由党員であるより前に一人の人間として、このような行為は道徳的に許せません。また、病気発表後間髪を入れずに公明党の神崎党首が小沢悪者論を述べたのも、このような輩の政治的プロパガンダの一貫としての、国民向けバージョンです。実際には脳梗塞は短期的心労ではなりません。神崎公明党党首や二階議員らの行為は、ためにするデマ宣伝なのです。自由総研HP一般向け「徹底討論」コーナーの自自公連立会議室では、創価学会会員で、この神崎の恥ずべき行為を申し訳なく思ってくれている人がいます。身内の創価学会会員からも心ある人からはあきれられる程、神崎議員の行為は恥を恥とも思わぬ卑劣な行為なのです。首相の病気を悪用して我田引水を謀る卑劣な奴らの野合に、私は吐き気を覚えます。特に自由党離党者共に対しては、静かな気持ちで小渕首相を心配したいという小沢党首の小渕首相に対する友情と二階議員のこの裏切り行為との人間の品性の差が分からないのか、という憤りを覚えます。何度でも申しますが、本当に吐き気を催す話であります。
 
 仮に百歩譲って、小渕首相と小沢党首とが異なる道を歩まざるを得なかったように盟友でも政治の上では離れる場合があることを認めるとしても、一時は党首の盟友だった二階議員のなせる行為は、あまりにも卑劣過ぎます。一時は盟友だったのならば、それなりの礼節というものが最後の時でも必要なのではないでしょうか。もちろんこれは「仮に百歩譲って」の話であり、そもそも裏切り自体が言語道断であることは言うまでもありません。
 
 私は、このような政権を私物化している私利私欲・我利我欲の固まりである野中新幹事長、青木官房長官、森新首相、神崎公明党党首、二階運輸相らを許せません。仮にも自分たちのボスである首相の病気を利用して卑怯な手段で私益を謀るとは言語道断、とても人間の振る舞いではありません。そして、これでは、実は盟友であった小渕首相と小沢党首にとって酷すぎます。こんな卑劣なことが許されて良いものではありません。まさか奴らが小渕首相に毒を盛ったとまでは申しませんが、これでは毒を盛ったも同然だと思います。
 
 自民党はいずれ弔い合戦を主張するでしょうが、こんな輩を幹部に掲げる政党に弔い合戦を主張する権利などあるでしょうか。むしろ、小渕首相が最後に心を託した小沢党首率いる我々こそが弔い合戦を主張する立場にあります。我々は、首相と党首の友情を無駄にしてはなりません。本心では神崎公明党党首などよりも小沢党首の方に心を開きながらも自民党党内事情のために思うままの行動を取れなかった小渕首相の無念を果たすためにも、真の、そして唯一の政策集団である自由党こそが選挙に勝たなければなりません。野合のための政治、政権を取るための政治、利権に癒着するための政治、政治屋共の政治は駆逐しましょう。政権は政策の手段なのであって、政策が政権維持の手段なのであってはありません。自由党候補者も当選を目指しはしますがこれは政策実現のための手段であり、バッチを付けること自体が目的化した輩とは道徳的高潔さの次元が全く異なるものであります。小沢党首が常々述べておりますように、最も大切なのは政策なのであって政局ではありません。いまの世の中は間違っています。余りにも汚すぎます。政策の「せ」の字も無いような政治家は滅ぼすべきだと思います。
 
 
 
 
 
政策提言の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine

本稿は、2000年4月の連立離脱時に裏切った保守党が引き起こした自由党分裂に関して、その真相を解説するものです。Keywords = 自由党,分裂,真相,保守党,連立離脱,裏切