このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     7通の手紙〜Y先輩に捧げる〜
 
   ホテルの窓辺に座り
   ほおづえをつく
   机上には絵ハガキが一つ
   君宛のメッセージ
 
   昨日(キノウ)はローマで今日は
   フィレンツェにいる
   忘れずに絵ハガキにを出そう
   訪れる先々で
 
   見下ろせば
   オレンジ色の街灯が光るよ
   その中に
   君の面影ほのかに浮かんだ
   旅の夜に僕は知った
   君だけが好きだと
 
   明日にはベネツィアに向け
   フィレンツェを発つ
   旅をする7日間ずっと
   絵ハガキを書くつもり
 
   一日の予定を終えた
   安らぎの中
   僕は今確かめているよ
   限り無きときめきを
 
   窓の外
   フィレンツェの街は今眠ってる
   街灯の
   光に君の面影が浮かぶ
   旅の夜に僕は知った
   君だけが好きだと
 
   窓の外
   フィレンツェの街は今眠ってる
   街灯の
   光に君の面影が浮かぶ
   旅の夜に僕は知った
   君だけが好きだと
 
        ・・・1991年8月17日(土)作成
 
 
 
     一人でいること
 
   一人の時が長かったから
   ずっと一人で生きてきたから
   一人でいることには慣れている
   慣れているはずだったのだけれど・・・
 
   君をあきらめることには
   いつでたっても慣れやしない
 
     ・・・1991年9月8日(日)作成
 
 
 
     封印
 
   君を誘って海に行ったね
   みんなで一緒にクルーザーに乗ったね
   あれは夏の土曜日だったね
   少し風は涼しかったね
 
   僕が君にアタックしていたから
   みんな妙に気を配り過ぎて
   無理矢理君が僕の
   車に乗るようになったね
 
   君は居心地悪そうだった
   君は僕を避けようとしていた
   君の辛さが痛い程よく判った
 
   君の笑顔がとても素敵だった
   僕のせいで笑顔を曇らせたくなかった
   だから・・・この恋には封印をしておこうね
 
     ・・・1991年9月8日(日)
 
 
 
     あきらめ
 
   いつか食事に誘った時
   素直に君は来てくれたね
   必死になって電話をかけていた頃
   本当は迷惑だったかもしれないのに
   僕の話についてきてくれたね
   みんなでクルージングに行った時
   君も一緒に来てくれたね
 
   君の誕生日に
   僕が作って贈った曲を
   全曲聴いてくれたって聞いたよ
   僕のことでみんなにからかわれた時
   かばってくれたって聞いたよ
 
   あまりにも君を意識して
   僕のアプローチは
   あまりにも性急で
   あまりにもつたなくて
   そしてあまりにもぎこちなかった
   まるで僕は
   自ら壁を作っているようだった
 
   いきなり一方的に
   僕のボルテージが上がったので
   君をあまりにも思い詰めたので
   いつしか僕は
   君の重荷になってしまった
 
   君の重荷になりたくないから
   このままでは君がかわいそうだから
   愛されることが無理でも
   せめて嫌われたくはないから
   とても辛いことだけど
   僕は君をあきらめることにしよう
 
      ・・・1991年9月8日(日)
 
 
 
     時間
 
   時間って
   どうして戻せないんだろう
   せめて半年前に戻れたら
   もう一度
   君に近づき直せるのに
 
   恋人になりたくて
   あせったのが失敗だった
   少しずつ少しずつ
   仲良くなることを
   めざしていけばよかった
 
   でも
   半年前に戻れても
   君の魅力のとりこになった僕は
   同じ失敗を
   繰り返したかもしれないね
 
     ・・・1991年9月8日(日)
 
 
 
     思い込み
 
   僕にとって
   君は理想の女性だった
   君にとっては
   僕は理想ではなかった
 
   君と出会った時
   僕はdestiniyだと感じた
   出会ったことはdestinyだったけれど
   結ばれることはdestinyではなかった
 
    ・・・1991年 9月8日
 
 
 
     終電
 
   夜ふけの電車のつり革に
   もたれて独り外を見る
   家の明かりが次々と
   過ぎては現れまた過ぎる
 
   あの家々に暖かき
   家庭がきっとあるのだろう
   一つ一つにささやかな
   安らぎがきっとあるのだろう
 
   一所懸命闘って
   今日まで負けずに来た僕は
   独りの部屋に帰るところ
 
   夢を得てきた金も得た
   だけど誰もが持っている
   ささやかな部屋が僕にはない
 
      ・・・1992年2月29日(土)作成
 
 
 
     恋のし方
 
   恋をしたことは
   後悔していないけど
   恋のし方には
   後悔しているんだ
 
   もっと徐々に
   仲良くなっていれば
   恋人にはなれなくても
   せめて友達にはなれたのに
 
   ごめんね
   僕のせっかちなぎこちなさ
   多分君にも
   心の負担になっちゃったよね
 
      ・・・1991年12月7日(土)作成
 
 
 
     廊下
 
   あのひとを追っていた頃
   廊下ですれ違うのが
   とても楽しみだった
   挨拶だけのシャイな朝も
   私にはとても眩しかった
 
   あのひとをあきらめて
   初めて気がついた
   廊下がこんなに辛いものだと
   目と目を交わす
   勇気さえ今はない私だから
 
       ・・・1991年12月7日(土)作成
 
 
 
     恋をしたこと
 
   恋をしたこと
   後悔はしていないよ
   だって
   あんなにも素敵なひとが
   世の中にいるって知ったのだもの
 
       ・・・1991年12月7日(土)作成
 
 
 
     僕を嫌っている人達が
 
   僕を嫌っている人達が
   いるって友から
   忠告を受けたよ
   僕も勘づいてはいたんだ
 
   でも
   どうしたらいいんだろう
   僕は何も
   その人達に害をなした訳じゃないんだ
 
   今できることは
   多分一つだよね
   全ての人達に
   できるだけ暖かい気持ちで接すること
 
        ・・・1991年12月7日(土)
 
 
 
     恋の予感
 
   ああ、貴方へと心は
   ただ一筋に魅かれていきます
   ああ、ただ一人貴方を
   いつもこの眼で追いかけているのです
 
   朝、目を覚ますと
   ゆうべ見た夢思い出す
   何故、夢の中では
   貴方はこんなに身近なの
 
   ああいつも一人
   ため息洩らしているのです
   少しでもいいから
   貴方を見つめていたいから
 
   ああ、貴方へと心は
   ただ一筋に魅かれていきます
   ああ、ただ一人貴方を
   いつもこの眼で追いかけているのです
 
   廊下ですれ違う
   ただそれだけで嬉しくて
   切ない胸の内
   貴方になんとか伝えたい
 
   ああ、恋の予感
   背中に好きと呟いた
   少しでもいいから
   貴方を見つめていたいから
 
   ああ、貴方へと心は
   ただ一筋に魅かれていきます
   ああ、ただ一人貴方を
   いつもこの眼で追いかけているのです
 
   ああ、貴方へと心は
   ただ一筋に魅かれていきます
   ああ、ただ一人貴方を
   いつもこの眼で追いかけているのです
 
 
 
 
     太平洋
 
   青い海に
   船を浮かべて
   どこまでも行こう
   この大海原を
   あの水平線の彼方へ
   太平洋太平洋
   僕らの憧れ
 
   南十字星
   見える島まで
   着けたならいいね
   そっと船寄せて
   白い砂浜で遊ぼう
   太平洋太平洋
   僕らの憧れ
 
   キャプテンクックのように
   この太平洋中を
   庭先のように駆けよう
   太平洋太平洋
   僕らの憧れ
 
 
 
     気分はMarine
 
   閉じ込もってばかりいないで
   外へとび出そうぜ
   窓を開けてごらんよ
   お日様が誘ってるぜ
 
   みんなで海に行こうぜ
   晴れた夏の日には
   潮の香りがする
   浜辺が恋しくないか
 
   青い青い海と
   白い白い浜辺
   僕に今一番大切な宝物さ
 
   水着水着姿の
   夏の女の子の
   焼けた膚の匂いが
   切なく恋しくないか
 
   さあ、行こうぜ
   ほら、今すぐ
   気分は、気分は、気分はMarine
 
   渚の潮の香りは
   体を熱くするぜ
   潮の香りに酔い
   夏の日の時は過ぎる
 
   水に入れば誰も
   自由になれるという
   沖に見える島まで
   みんなで泳いで行こう
 
   青い青い海と
   白い白い浜辺
   僕に今一番大切な宝物さ
 
   水着水着姿の
   夏の女の子の
   焼けた膚の匂いが
   切なく恋しくないか
 
   さあ、行こうぜ
   ほら、今すぐ
   気分は、気分は、気分はMarine
 
   青い青い海と
   白い白い浜辺
   僕に今一番大切な宝物さ
 
   水着水着姿の
   夏の女の子の
   焼けた膚の匂いが
   切なく恋しくないか
 
   さあ、行こうぜ
   ほら、今すぐ
   気分は、気分は、気分はMarine
 
 
 
     Forever
 
   さよならと告げられる
   ことが恐くて自分から
   君のことあきらめた
   叶わぬ恋と気がついて
 
   いつの日かこの想い
   とどく日がくる夢みてた
   月よりも遠いひと
   Forever I miss you. 片想い
 
   来ないとわかってる
   電話を待つのはもうよそう
   だけど電話機から
   登録番号消せなくて
 
   Forever
   今もあの笑顔 Woo, Woo
   忘れられない Wow, Wow
   So lonely
   忘れよう秋が終わる頃には
 
   カレンダーめくれない
   あの夏の日のまま壁に
   この僕のぎこちなさ
   君に迷惑残したね
 
   こんな日が来るのなら
   恋などせずにいたかった
   友達のままでいい
   Forever I miss you. 切なくて
 
   せめて嫌わないで
   優しい瞳で微笑んで
   僕もぎこちなさを
   打ち消しもう一度出会いたい
 
   Forever
   今もあの頃の Woo, Woo
   憧れのまま  Wow, Wow
   So lonely
   忘れよう遙かかなたの君を
 
   Forever
   今もあの頃の
   憧れのまま  Wow, Wow
 
   So lonely
   忘れよう遙かかなたの君を
   Wow Wow Wow Wowow,
 
   Forever
   今もあの笑顔 Woo, Woo
   忘れられない Wow, Wow
   So lonely
   忘れよう秋が終わる頃には
 
 
 
     Farewell
 
   Oh, Oh, Farewell.
   もう今日からあきらめよう
   Ah, Ah, これからも
   素敵な人でいて
 
   Oh, Farewell.
   昨日まではありがとう
   君の優しさ
   そっと思い出にしまおう
 
   君を見かけ憧れた時
   僕は君に近づきたかった
   君を誘い出せたあの夜
   僕は知った恋をしていると
 
   勇気の全て出し
   がんばってみたけど
   君への想いは
   とどかなかったよ
 
   Oh, Oh, Farewell.
   もう今日からあきらめよう
   Ah, Ah, これからも
   素敵な人でいて
 
   Oh, Farewell.
   昨日まではありがとう
   君の優しさ
   そっと思い出にしまおう
 
   がんばること終わりにしよう
   重荷になってしまわない内に
   君の邪魔になるくらいなら
   こんな僕はいない方がいい
 
   悲しいことだけど
   あきらめよう君を
   せめて嫌われたくない
   今では・・・
 
   Oh, Oh, Farewell.
   もう今日からあきらめよう
   Ah, Ah, これからも
   素敵な人でいて
   Oh, Farewell.
   昨日まではありがとう
   君の優しさ
   そっと思い出にしまおう
 
   Oh, Oh, Farewell.
   もう今日からあきらめよう
   Ah, Ah, これからも
   素敵な人でいて
 
   Oh, Farewell.
   昨日まではありがとう
   君の優しさ
   そっと思い出にしまおう
 
 
 
     夏よ終わらないで
 
   届かない恋だと
   わかっていたけど
   とても寂しくて Ah
   君のいない車は
   妙に軽くて
   加速が速いよ
 
   秋の色合いを
   深めてゆく雲が
   君に似ているね Ah
   君が好きで
   そして僕が好きだった
   夏が消えてゆく
 
   夏よ終わらないで
   君のいない季節が来る Oh
   秋も冬も春も
   今はただ切ないだけ
 
   恋のかけひきも
   知らない純情な僕
   ぎこちなくなって Ah
   君とのすき間を
   埋められないままに
   遠くなってゆく
 
   君も誘い出して
   皆なで出かけた
   あの夏の海で Ah
   叶わぬ恋と知り
   これで最後だと
   君を見つめてた
 
   夏よ終わらないで
   君のいない季節が来る Oh
   秋も冬も春も
   今はただ切ないだけ
 
   夏よ終わらないで
   君のいない季節が来る Oh
   秋も冬も春も
   今はただ切ないだけ
 
       ・・・1991年晩夏作成
 
 
 
     いつか現れてくれないか
 
   君を誘ってあの海へ
   出かけた日からもう一年
   今日助手席に君はなく
   車も新車になっている
 
   君のしぐさでこの恋が
   届かぬものと気がついた
   玄関に消える君の背に
   そっと「さよなら」つぶやいた
 
   あれから一年この僕は
   あきらめようとしたけれど
   面影消せないままだった
 
   いつか現れてくれないか
   君の姿を忘れさす
   とっても素敵な恋人が
 
     ・・・1992年7月27日(月)作成
 
 
 
     僕がセリカを買ったのは
 
   僕がセリカを買ったのは
   黒いセリカが好きだから
   丸い車体がセクシーで
   FFなのも気に入った
 
   今では遠いあのひとも
   セリカをとても好きだった
   あのひとは僕にセリカより
   Zが似合うと言っていた
 
   巷の噂じゃあのひとを
   あきらめきれずにこの僕が
   セリカを買ったとされている
 
   そうじゃないんだあのひとを
   今だに夢見ているのなら
   僕はZを買ってたさ
 
      ・・・1992年7月26日(日)作成
 
 
 
     叶わぬ君をあきらめて
 
   叶わぬ君をあきらめて
   たくさんの詩が書けました
   曲もたくさんできたので
   みんなが聴いてくれました
 
   短歌の賞をもらう程
   素敵な歌も詠めました
   心理学でいう昇華だと
   友は論評しています
 
   だけどうれしくありません
   良い作品ができたって
   ここには君がいないから
 
   詩歌も曲も要りません
   いつでも君がこの僕に
   微笑み続けてくれたなら
 
      ・・・1992年7月27日(月)作成
 
 
 
     初めて電話をする時は
 
   初めて電話をする時は
   いつも心が震えます
   勇気を出そうとするけれど
   胸の鼓動が止みません
 
   初めて電話をする時は
   今でも心が震えます
   何回恋をしてみても
   慣れるものではありません
 
   かけてしまえば楽なのに
   なかなか思いきれなくて
   受話器の前で迷います
 
   チャンスは自らつかむもの
   なんとか心に鞭打って
   今こそダイヤルしなければ
 
         1994年11月3日(木)作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine