このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     笑顔を見せて
 
   君の瞼に残る面影は
   誰の姿なの物憂げそうに
   落ち込まないで
   もう忘れてしまいなよ
   過ぎ去った日々の帰らぬ人は
   雨が止んだら虹もかかるさ
   いつかは晴れる日も来るよ
   君に涙は似合わないから
   いつもの強気を出して
   笑顔を見せて
 
   こんなに落ち込む程に心には
   深く焼きついているのだろうね
   黒い瞳に秘めているその憂いを
   消してくれる人探せばいいさ
   どんな嵐もいつかは終わる
   凪の浜辺はすぐそこに
   君の涙は見たくないから
   いつもの明るさを出して
   笑顔を見せて
 
      ・・・1990年5月27日(日)作成
 
 
 
     僕らが唄を歌うのは
 
   僕らが唄を歌うのは
   心の安らぎだから
   明日もそのまた明日も
   歌っていこうよ
   悲しいことがあったとき
   歌ってごらん
   心はたちまち晴れて
   また歩いていけるよ
   僕らが唄を歌うのは
   心の安らぎだから
   明日もそのまた明日も
   歌っていこうよ
 
   優しい少女がいるなら
   歌おう僕らと共に
   優しくて美しい少女
   僕らのマドンナ
   もしもお邪魔でないのなら
   一緒に行こう
   もう悩むことはないさ
   すぐ僕らは友達
   優しい少女がいるなら
   歌おう僕らと共に
   優しくて美しい少女
   僕らのマドンナ
 
 
 
     ポケットに愛を
 
   ある晴れた秋の野原で
   物音に小鳥が飛んだ
   やがて来る冬の気配の
   前奏のそよ風の調べ
   今僕も遙かな空へ
   この翼広げて行こう
   いつの日か冷たい風に
   打ち勝って進みたいから
   ポケットに愛を
   ポケットに夢を
   ポケットに詩を
   ささやかでもいい
 
   ちっぽけな翼だけれど
   ささやかな愛を運べる
   戦いが続く街にも
   ひとときの安らぎの香り
   今僕の遙かな夢を
   この空に掲げて行こう
   いつの日か冷たい風も
   春風に変わる日が来る
   ポケットに愛を
   ポケットに夢を
   ポケットに詩を
   ささやかでもいい
 
       ・・・1990年8月28日(火)作成
 
 
 
     恋の予感
 
   ああ、貴方へと心は
   ただ一筋に魅かれていきます
   ああ、ただ一人あなたを
   いつもこの眼で追いかけているのです
 
   朝、目を覚ますと
   ゆうべ見た夢思い出す
   何故、夢の中では
   貴方はこんなに身近なの
   ああいつも一人
   ため息洩らしているのです
   少しでもいいから
   貴方を見つめていたいから
 
   ああ、貴方へと心は
   ただ一筋に魅かれていきます
   ああ、ただ一人あなたを
   いつもこの眼で追いかけているのです
 
   切ない片思い
   貴方は少しも気づかない
   苦しい胸の内
   貴方になんとか伝えたい
   ああ、恋の予感
   好きになってもいいですか
   少しでもいいから
   貴方を見つめていたいから
 
   ああ、貴方へと心は
   ただ一筋に魅かれていきます
   ああ、ただ一人あなたを
   いつもこの眼で追いかけているのです
 
 
 
     君に流れていく僕
 
   口に出して言える程の
   勇気なんかまだないけど
   本当は君のことだけを
   いつもいつも見つめているよ
   ゆうべ僕は勇気を出し
   君を誘い街へ出たよ
   憧れの君がすぐ側に
   夢のようなほんの一時
   君の近くにもっといつでも
   僕は僕は願い続ける
   君が笑うと風も微笑む
   そして僕は流れていくよ君に
 
   恥ずかしくて近寄れない
   遙か君を見つめるだけ
   でもずっと僕の魂は
   君の君のそばにいたのさ
   僕はもっと素直になる
   僕はシャイな自分に勝つ
   いつまでも君と肩並べ
   僕は歩き続けたいから
   君の瞳はとても眩しい
   僕は僕は魅かれているよ
   君が笑うと風も微笑む
   そして僕は流れていくよ君に
 
        ・・・1991年3月28日(木)作成
        ・・・1991年5月26日(日)修正
 
 
 
     深夜の帰り道
 
   今日も深夜に帰る道
   街はすっかり夢の中
   働き過ぎと人は言う
   いつも無理して闘って
 
   本音を言えば僕だって
   そんなに働く気はないさ
   だけどやらなきゃならぬこと
   あまりに私に多過ぎる
 
   も少し早く帰れれば
   あのひとに電話かけること
   ためらうこともないだろう
 
   も少し早く帰れれば
   食事にあのひと誘うこと
   あきらめたりもしないだろう
 
      ・・・1991年4月5日(金)作成
 
 
 
     好きなタイプは・・・
 
   好きなタイプは・・・
   私がよく訊かれる言葉
   でもそんなこと
   誰にもよくわからないよね
 
   好きなタイプは・・・
   私がよく言われる言葉
   でもそんなこと
   考えたことあまりないよね
 
   人を好きになるとき
   あのひとが目の前にいて
   あのひとだけが目の前にいて
   ほかの人が見えなくなってしまう
 
   あのひとが自分のタイプかなんて
   考えて好きになったりはしないよね
   ただあのひとがあのひとだから
   今の私にはとても大切なんだと思う
 
 
 
     あのひとを
 
   あのひとを
   誘って食事に行きました
   初めての
   冒険をした夜でした
 
   あのひとと
   初めて仲良くなりました
   それだけで
   胸いっぱいになりました
 
   あのひとが
   隣りを歩いていたのです
   街の灯が
   優しく包んでくれました
 
   あのひとの
   近くにいたい私です
   ささやかな
   私の素朴な願いです
 
     ・・・1991年4月5日(金)作成
 
 
 
     恋する心は
 
   恋する心は
   とても不安なものです
   特にあのひとの心が
   どこにあるかよく判らないときには
 
   恋する心は
   とても過敏なものです
   特にあのひとの挙動に
   一喜一憂しているときには
 
   私の気持ちは
   もう判っているはずなのに
   二回目の扉を
   開けることができません
 
   やっぱり嫌いなのですか
   それとも本当は好きですか
   あのひとの心の窓を
   開けて欲しい私です
 
      ・・・1991年4月5日(金)作成
 
 
 
     一日(ヒトヒ)たりとも会はざれば
 
   一日(ヒトヒ)たりとも会はざれば
   十日も会へざる心地なり
   ああかの姿追ひ求め
   今日もこの眼は宙に舞ふ
 
   少しも口をきかざれば
   とり残されし気持ちなり
   ああかのひとの輝きに
   伸ばせど届かぬ我が腕(カヒナ)
 
   かうする間にもかのひとが
   どんどん離れてゆくやうな
   不安に胸が襲はれる
 
   少しは距離を縮めたし
   二人の間に横たはる
   水たたへたるこの大河
 
      ・・・1991年4月7日(日)作成
 
 
 
     挑戦者
 
   僕は挑戦者
   どんなに強い相手でも
   決してひるんだりはしないのさ
 
   だけど今度は手ごわいよ
   なんてたって今度の相手は
   並ぶ者なき最高の女性
   ライバルだってきっと多いんだ
   なんとか対戦できるように
   なるだけでも大変だったんだ
 
   遠くからリングを見るだけで
   もう僕の足はがたがたさ
   ゴングが鳴る音を聴いちまったら
   きっと僕の小さな心臓は
   潰れてしまうに違いないのさ
 
   思わず足がすくみ
   僕は階段を降りて行けない
   大きな野次と歓声の中
   それでも僕は足を踏み出す
   リングがだんだん近づいて来る
   そしてそれはとても大きく見える
 
   ああ神様
   この恋をかなえて下さい
   それがだめなら
   せめてほんの少しの勇気を下さい
   そう、僕は挑戦者
   どんなに強い相手でも
   決してひるんだりしてはいけない
 
   いよいよリングの前に立つ
   僕はロープに手をかけて
   しばしの間逡巡する
   しかしついに決心して
   リングに足をかけようと思う
   そう、僕は挑戦者
   どんなに強い相手でも
   決してひるんだりはしないのさ
 
       ・・・1991年4月7日(日)作成
 
 
 
     たったそれだけのことが
 
   あのひとと僕の間の隔たりは
   まるで太平洋よりも広い
   必死になって漕ごうとするけど
   とても遠くてたどり着けない
   漕いで漕いで、どこまでも漕いで
   それでも先が見えなくて
   ああ、僕は疲れてしまいそうだ
 
   あのひとと僕の間の障壁は
   まるでエベレストよりも高い
   必死になって登ろうとするけど
   とても高くて登りきれない
   登って登って、限り無く登って
   それでも山を超えられなくて
   ああ、僕は倒れてしまいそうだ
 
   こんなに見つめているのに
   こんなに話しかけているのに
   それなのにあのひとは
   少しも僕を振り向いてくれない
 
   僕はもてなくてもいい
   何も世界中の女性から
   愛されたいなどとは思わない
   ただあのひとに
   たった一人あのひとだけに
   愛されたいと思うだけなんだ
   でもそれだけのことが
   たったそれだけのことが
   どうしてこんなに難しいのだろう?
 
       ・・・1991年4月9日(火)作成
 
 
 
     もてないドン・ジュアン
 
   ドン・ジュアンは愛の放浪者
   夢の中の理想の女性を追い求め
   現実(ウツツ)の女性を渡り歩く
   充たされぬ心を抱えながら
   ついに安住の地を見い出せない
 
   私は今愛の野に彷徨する
   理想の女性を見つけたものの
   そのひとは月よりもなお遠い
   充たされぬ心を抱えながら
   今だ安住の地にたどり着けない
 
   私が今まで多くの恋をしてきたのは
   現実(ウツツ)の女性に失望したからではない
   恋をする度にいつも
   「これで最後」と願いながらも
   いつもふられ続けてきたからだ
 
   今度こそ私は最後にしたい
   ああ、それなのにまた
   愛の女神は私に試練を与える
   どんなに必死に歩いても
   あのひとは私から遠ざかってしまう
 
   ねえ、もうよそうよ
   もてないドン・ジュアンの役は
   もう放浪には疲れたんだ
   たまにはゆっくりと休みたいんだ
   憧れのあのひとのそばで
 
      ・・・1991年4月13日(土)作成
 
 
 
     お願いだから
 
   ねえ、お願いだから
   少しは私を見つめておくれ
   あまりに君がつれないと
   私の勇気も萎えてしまいそうだ
 
   ねえ、お願いだから
   少しは私を振り向いておくれ
   あまりに君が冷たいと
   私の気力も凍えてしまいそうだ
 
   君に電話をかけようと思うが
   思わず指が尻込みしてしまう
   あまりに君が遠過ぎるものだから
 
   私の名を刻ませてくれないか
   ほんのわずかでも構わないから
   君の心のページのほんの片隅に
 
      ・・・1991年4月14日(日)作成
 
 
 
     いつものやっかいな臆病風が
 
   いつものやっかいな臆病風が
   また私を襲い始めた
   積極果敢な挑戦者魂は
   徐々に追いつめられていく
 
   一戦一戦での苦境が
   一体全体何だというのだろう
   最後にまとめて回復すれば
   それで済む話ではないか
 
   しかしやっかいな臆病風が
   そっと耳元でささやく
   どうせあのひとは高嶺の花だよと
 
   ああ、もうよしてくれ
   高嶺の花だなんて先刻承知なんだ
   だからこそ今は勇気が必要なんだ
 
      ・・・1991年4月14日(日)作成
 
 
 
     届かぬ想い
 
   こんなに胸が切なくなるのは
   いつでも君を想っているから
   素敵な君に遙か憧れ
   哀しく日々が過ぎていくけど
   僕から君へ愛を伝えよう
   たとえ今は届かぬ想いでも
   いつかはきっと通じる日が来るね
   思い込みと知ってても信じたい
 
   どれだけ待てば届くのだろうか
   君への僕の切ない想いは
   夜空を埋めて光る星より
   はるかに君は遠いけれども
   僕から君へ愛を伝えよう
   たとえ今はかなわぬ願いでも
   いつかはきっと振り向いてくれるね
   遠き夢と知ってても信じたい
 
      ・・・1991年5月4日(土)作成
 
 
 
     寂しさと切なさとの中で
 
   初めて見かけた駅のロータリー
   僕の目は急に君にくぎづけ
   その時からさ胸が痛くなるような
   切ない旅をし始めたのば
   君の心へ通じる道は
   細く険しく果てしない
   僕はくじけてもう倒れてしまいそう
   寂しさと切なさとの中で
 
   少しは仲良くなってみたけれど
   君の魂ははるかに遠い
   こんなに痛い程の思いをするなら
   いっそ邂逅が今は切ない
   愛の苦しみいやというほど
   知り過ぎてきた僕だけど
   君からだけは愛してもらえることの
   喜びを知りたい切実に
 
   夜が明けたらまた旅に出る
   君の面影追い求め
   着くあてのない砂漠の蜃気楼だね
   寂しさと切なさとの中で
   夜が明けたらまた旅に出る
   君の面影追い求め
   着くあてのない砂漠の蜃気楼だね
   寂しさと切なさとの中で
 
     ・・・1991年5月5日(日)作成
 
 
 
     風になれたら
 
   風になれたら
   遙かな野山を越えて
   貴方のすぐそばまでそよいで
   想いを伝えたいよ
 
   貴方のほほに
   優しく口づけをして
   貴方の黒い髪を揺らして
   そっと吹いていたいよ
 
   素敵な貴方の笑顔を
   見つめていたいよ
   いつでも憧れ続ける
   そうさ今私は風の精
 
   水になれたら
   小川のせせらぎになり
   貴方のすぐそばまで流れて
   想いを唄いたいよ
 
   貴方が指を
   流れに浸したときに
   愁いも悩みも皆すすいで
   忘れさせてあげたい
 
   つぶらな貴方の瞳を
   見つめていたいよ
   いつでも憧れ続ける
   そうさ今私は水の精
 
   素敵な貴方の笑顔を
   見つめていたいよ
   いつでも憧れ続ける
   そうさ今私は風の精
 
     ・・・1991年6月1日(土)作成
 
 
 
     大きな愛を君にあげよう
 
   ああ、鳥達が
   さえずること止(ヤ)める朝も
   この気持ち変えはしない
 
   ああ、星々が
   きらめくこと止(ヤ)める夜(ヨル)も
   いつまでもそばにいよう
 
   風の夜(ヨル)も雨の夜(ヨ)も
   君さえそばにいれば・・・
   晴れた朝は安らぎを
   二人で分かちたい
 
   大きな大きな大きな
   愛を君にあげよう
   そして
   素敵な素敵な素敵な
   夢を君にあげよう
 
   ああ、草花が
   色づくこと止(ヤ)める朝も
   君の手は離さないよ
 
   ああ、そよ風が
   流れること止(ヤ)める夜(ヨル)も
   ときめきを止(ヤ)めはしない
 
   君のそばにいるだけで
   優しい気持ちになれる
   ずっと僕のそばにいて
   いつでもいつまでも
 
   大きな大きな大きな
   愛を君にあげよう
   そして
   素敵な素敵な素敵な
   夢を君にあげよう
 
   大きな大きな大きな
   愛を君にあげよう
   そして
   素敵な素敵な素敵な
   夢を君にあげよう
 
 
 
     君の誕生日
 
   今日は君の誕生日
   僕の憧れのひと
   心のこもった
   僕しかできない
   プレゼントをあげよう君に
 
   君が素晴らしいから
   何も口に出せない
   言葉の代わりに
   一所懸命
   僕の唄を贈るよ
 
   君にいつも君に
   憧れているよ・・・ずっと
   君はいつも君は
   輝いているよ
 
   君が眩しすぎると
   僕は恥ずかしくなる
   素直になれない
   見かけるだけでも
   ドキドキ緊張してしまう
 
   いつもシャイな僕でも
   唄の言葉借りれば
   素直になれるよ
   本当の気持ちを
   プレゼントを贈ろう
 
   君にいつも君に
   憧れているよ・・・ずっと
   君はいつも君は
   輝いているよ
 
   君にいつも君に
   憧れているよ・・・ずっと
   君はいつも君は
   輝いているよ
 
     ・・・1991年6月15日(土)作成
 
 
 
     もっと素直に振る舞えたなら
 
   上がってしまう僕は
   君の前ではだめさ
   フランクになれなくて
   ぎこちなくて
 
   まるで自ら壁を
   造り出しているよう
   このままじゃ隔たりは
   拡がるばかりさ
 
   もっと素直に振る舞えたなら
   仲良しになれるのに
   恋人になることが無理でも
   せめて友達に・・・
 
   素顔のままで近づけたなら
   どんなに素敵だろう
   もっと近くにいつもいたいよ
   大好きな君の
 
   君が大好きなのに
   こんなに硬すぎると
   君だってフランクに
   なれないだろう
 
   壁を崩していこう
   少しずつ少しずつ
   友達で構わない
   嫌われるよりは・・・
 
   もっと素直に振る舞えたなら
   仲良しになれるのに
   恋人になることが無理でも
   せめて友達に・・・
 
   素顔のままで近づけたなら
   どんなに素敵だろう
   もっと近くにいつもいたいよ
   大好きな君の
 
   もっと素直に振る舞えたなら
   仲良しになれるのに
   恋人になることが無理でも
   せめて友達に・・・
   素顔のままで近づけたなら
   どんなに素敵だろう
   もっと近くにいつもいたいよ
   大好きな君の
 
 
 
     風に口づけ
 
   風よ伝えてよ
   私のこの想い
   風よ流れてよ
   素敵なあのひとに
   夏の夜の独り部屋で
   そよ風に話しかける
 
   風よ伝えてよ
   私の切なさを
   風よ流れてよ
   綺麗なあのひとに
   長い夜に思い出すよ
   あの人の笑顔
 
   そっと風に口づけ
   とどけ愛しいひとに
   そっと風に口づけ
   とどけ私の想い
   遙かな町のあのひとに
   風よ伝えておくれ
 
   風よ知らせてよ
   私のこの吐息
   風よ流れてよ
   かわいいあのひとに
   独り窓辺にたたずんで
   そよ風に頬を染める
 
   風よ知らせてよ
   私の憧れを
   風よ流れてよ
   優しいあのひとに
   静かな夜はあのひとの
   夢を見ていたい
 
   そっと風に口づけ
   とどけ遙かなひとに
   そっと風に口づけ
   とどけ私の願い
   輝いているあのひとに
   風よ伝えておくれ
 
   そっと風に口づけ
   とどけ愛しいひとに
   そっと風に口づけ
   とどけ私の想い
   遙かな町のあのひとに
   風よ伝えておくれ
 
     ・・・1991年6月24日(月)作成
 
 
 
     PLEASE SMILE ON ME
 
   君を見かけた日からいつでも
   忘れられない夢を見ている
   まるで子供のうぶな初恋
   僕は戸惑い何もできない
 
   I'm so attracted to you, please smile on me.
   I'm very sweet on only you.
   But now, you are so far that I'm so lonely.
   I miss you, oh, please smile on me.
 
   憧れは憧れは
   憧れは切なくて
   遙かなる遙かなる
   遙かなるあの笑顔
 
   人目惚れだと人は言うけど
   どこが悪いの? 僕は本気さ
   言葉交わせぬシャイな廊下で
   会釈だけでも胸は高鳴る
 
   I'm so fascinated by you, please smile on me.
   I'm crazy mad about only you.
   Now I have a crush on you, you are so nice.
   I need you, oh, please smile on me.
 
   憧れは憧れは
   憧れは切なくて
   遙かなる遙かなる
   遙かなるあの笑顔
 
   君に憧れて
   君に魅せられて
   僕はいつでも微笑み
   胸に思い浮かべている
 
   君が好きだから
   とても好きだから
   どうして(僕は)いいかわからない
   独り立ちつくす僕
 
   You are so pretty.
   You are so pretty.
   I'll give my heart only to you.
   You are so lovely.
   You are so lovely.
   You are so lovely, please smile on me.
 
   You are so pretty.
   You are so pretty.
   I'll give my heart only to you.
   You are so lovely.
   You are so lovely.
   You are so lovely, please smile on me.
 
     ・・・1991年7月3日(水)作成
 
 
 
     ささやかな贈り物
 
   あなたのことを想っては
   いつも詩を書く私です
   なのに言葉は星菫調
   あまりうまくは書けません
 
   あなたのことを夢みては
   曲作り出す私です
   なのに調べは月並調
   あまりうまくは作れません
 
   あまりうまくはないですが
   あまりお洒落じゃないですが
   真心だけは込めました
 
   あなたに読んでほしいのです
   精一杯の頑張りと
   胸いっぱいの憧れを
 
 
         ・・・1991年6月24日(月)作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine