このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     冬の始まり
 
   しんしん
   しんしんしん
   北の国では
   今頃は
   雪化粧の頃
 
   田んぼも
   山の斜面も
   丘の牧場も
   ずっとずっと
   隠れてしまう
 
   しんしん
   しんしんしん
   北の街では
   赤屋根も
   白くなる季節
 
   夏の日の
   子供らの野も
   ポプラ並木も
   白く白く
   覆われていく
 
   おやすみ
   夏の想い出よ
   雪が溶ける頃
   冬眠が終わる日まで
 
      ・・・1981年11月23日(月)作成
 
 
 
     会いたくて
 
   ハンドル持つ手が踊ってる
   土曜の深夜の帰り道
   大きな仕事を成し終えて
   そうっと溜め息洩らす道
 
   土日も含めこのところ
   ずっと仕事で夜遅く
   ようやく今日で一区切り
   明日は会社に出ずに済む
 
   久し振りの休日に
   明日は君を誘い出し
   待ち合わせまで十二時間
 
   明日は君にまた会える
   明日は君にまた会える
   飛ばして帰る夜の道
 
           ・・・1990年3月9日(金)作成
 
 
 
   On St. Valentine's day
 
  I want chocolate.
  No, no, in fact,
  I d'ont want any chocolate,
  But I need your heart.
 
  I want to know
  If you love me.
  That's why please show
  Your chocolate to me.
 
  You are so gentle
  That I love you.
  You are so beautiful
  That I want to kiss you.
 
      Written on Saturday, Feb. 14, in 1980.
 
 
 
     愛しいひとの顔を眺めているのは
 
   愛しいひとの
   顔を眺めているのは
   それだけで嬉しいものです
 
   素敵なひとの
   声を聴いているのは
   とても心苦しいものです
 
   もしも時がこのまま止まるなら
   この美しい一瞬一瞬に
   何を悔やむことがあろう
   何処へも行かないでおくれ
   ずっとそばにいておくれ
   ただここにいてくれるだけでいいから
 
   僕は待っているよ
   君が大きく成長するまで
   そして君も
   ずっと待っていてくれないかな
   いつの日か僕が
   大きく成長して君を迎えられる日まで
 
        ・・・1981年1月25(日)作成
          & 1990年3月12日(日)修正
 
 
 
☆   She is hearing a bell.
 
           Tsunahide von Hienuki
 
  She is hearing a bell,
  Which is on the clock tower.
  Sapporo is famous for this bell.
  It's snowing all over her.
  Trees are white on the hill.
  I loved her clock tower.
 
  Farewell to her.
  I had lived here for two years.
  I loved her.
  She is one of the most wonderful cities.
 
  It's snowing.
  It's snowing.
  White snow is falling on every rooves.
  And she is hearing a bell,
  which is on the clock tower.
 
        ・・・ Tuesday, April the fourteenth, 1981.
 
 
 
     最後の授業
 
   窓の外では確かに
   静かに時は流れ続けている
   やがて一時間もすれば
   夜明けが空を染めるだろう
 
   一年間私は幾度
   この窓からこうして
   夜明けを眺めたことだろう
   学校へ行くことを
   まるで新鮮な果実のように
   胸ときめかせ期待しながら
 
   今日は最後の授業−−−
   特に物理学の最後の授業
   一年間物理の授業中
   私は愛しいあの娘の
   すぐ近くに座ることができた
 
   いろいろな想い出が
   私の胸に甦る
   私の想い出の輝きは
   決して他の人には見せられない
 
   こんな私の気持ちを
   果たしてあの娘が知っていたか
   それは私にはわからない
   もしかしたらこのまま
   空しくすれ違うように
   離れていってしまうかも知れない
 
   素直でなかった私も
   せめて今日は素直でいよう
   ああこうしている間にも
   少しずつ時は過ぎていく
   夜明けの時が近づいて来る
   そう、まさに一秒一秒
   私は夜明けに近づいている
 
   そして−−−
   夜のすっかり明けきった頃
   私の最後の授業は
   始まってしまうのだ
        ・・・1981年3月6日(金)作成
 
 
 
     空があんなに青いのは
 
   空があんなに青いのは
   貴方の瞳が澄んでいるから
   憂いを含んだその眼の奥は
   どこまでも透明に拡がるのです
 
   風がこんなに爽やかなのは
   貴方が笑顔を絶やさないから
   にっこり微笑むその口許は
   貴方の周りをそよいでいるのです
 
   この満天の星空も
   この早春の花の香(カ)も
   全てが貴方のためにあるのです
 
   小枝にさえずる鳥の音(ネ)も
   きらきら輝く水面(スイメン)も
   全てが貴方を慕っているのです
 
         ・・・ 1990年3月21日(水)作成
 
 
 
     遙かな姿に憧れて
 
   貴方を見かけたその日から
   いつも私の心には
   その美しい面影が
   住みつくようになりました
 
   こんなに貴方に会いたくて
   けれども会える術もなく
   ただ一人きり悶々と
   星を見上げているのです
 
   遙かな姿に憧れて
   遠い貴方に魅せられて
   そっとため息こぼします
 
   遙かな姿に憧れて
   遠い貴方に魅せられて
   哀しい旅を始めます
 
       ・・・1990年3月22日(水)作成
 
 
 
     ゴールなき疾走
 
   夕陽が道を染める
   俺は黙って走り続ける
   ひたすら前へと道は続く
   俺の横には誰もいない
   微笑みもいらない
   優しさもいらない
   今さら迷いはしないさ
   厳しい人生だと
   Run, always!!
   照らしてくれ
   俺の進む先を
   Fight, always!!
   拳握り
   闘うことが全てさ
 
   山並みに陽が沈む
   走る俺は孤独な狼
   支えるひとなど俺にはないし
   守るひとさえ誰もいない
   安らぎもいらない
   ぬくもりもいらない
   ペースを緩めはしないさ
   一度だけの人生
   Run, always!!
   生きていこう
   終わりなきサバイバル
   Fight, always!!
   さあ急ごう
   ゴールなき俺の疾走
 
         ・・・1990年4月29日(日)作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine