このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     青春の一頁
 
   Farewell,Farewell
   僕らは青春の一頁を
   閉じようとしているが
   Farewell,Farewell
   僕らはこの日々を
   忘れはしないだろう
 
   あの日あの時
   いつもいつでも
   僕らは真剣だったよね
   傷つけあって
   訳も分からず
   ただひたすら走ってた
   振り返れば駆け足で
   時は過ぎ去ってた
   君も僕も青春を
   卒業しつつある
   今でもまだ覚えてる
   君の笑顔を
 
   Farewell,Farewell
   僕らは青春の一頁を
   閉じようとしているが
   Farewell,Farewell
   僕らはこの日々を
   忘れはしないだろう
 
   どんな時でも
   信じることは
   決して忘れはしなかったね
   君と出会って
   共に生きてた
   毎日が光っていたね
   青春は振り向かずに
   僕らを越していく
   時代は今流れている
   誰も止められない
   今ならよく分かるのさ
   君の気持ちが
 
   Farewell,Farewell
   僕らは青春の一頁を
   閉じようとしているが
   Farewell,Farewell
   僕らはこの日々を
   忘れはしないだろう
 
 
       ・・・1989年11月27日(月)作成
 
 
 
     街角
 
   人込みの街交差点の角
   急に僕を呼ぶ声に
   振り返れば懐かしい顔
   昔愛した君だった
   あの日と同じその微笑みに
   今でも胸はときめいて
   だけど今では思い出の人
   過ぎ去りし日のダイヤモンド
 
   君は来週結婚すると
   聴かされ胸は乱れたよ
   いつか君と結ばれる日を
   夢見てた頃遠い昔
   僕と一緒の仲間の手前
   深く話ができなかった
   あれからどうしてどこにいたのか
   ほんとはもっと聴きたかった
 
   やがて君は人込みの中
   溶け込むように消えてゆく
   ふと気がつけば街角にただ
   ため息をつき立っていた
   いつでも君は僕にとどかぬ
   はるか遠くを歩いてる
   こうして二人異なる道を
   ずっと歩いていくんだね
 
       ・・・1989年11月27日(月)作成
 
 
 
     ときめき
 
   貴方は突然
   目の前に輝いて
   僕はもう言葉なく
   すぐ貴方のとりこ
   貴方は大人の
   落ち着いた上品さ
   僕はただあせるだけ
   何なすすべもない
   僕は貴方今一人だけを
   想い続けている
   その優しいまなざしで
   見守って欲しい
   だから僕の胸のときめきを
   貴方だけにあげる
   欲しいものは何もない
   貴方のほかには
 
   貴方の微笑み
   面影がまぶたから
   消えなくて一日中
   夢うつつに過ぎる
   貴方にふさわしい
   男性になりたくて
   毎日を張りきれる
   ただ貴方のために
   僕は貴方今一人だけを
   想い続けている
   どこにいてもいつだって
   忘れたりしない
   だから僕を僕一人だけを
   見つめていて欲しい
   僕の心を貴方が
   今支えている
 
       ・・・1985年05月14日(火)作成
 
 
 
     哀別の詩
 
   かつて私が幼い時
   えこひいきする先生から
   落ちこぼれとして差別され
   迫害されたことがある
 
   あの子と遊ぶといけないと
   世間の親は子に諭し
   誰も私の友達に
   なってくれはしなかった
 
   君に孤独がわかるかい?
   誰も友達がいないんだ
   皆が私を馬鹿にして
   毎日毎日辛いんだ
 
   そんな中でも一人だけ
   友達になってくれた人
   私にとっては誰よりも
   かけがえのない友だった
 
   やがて私は転校し
   二十年余の歳月に
   いつか少年は大人へと
   降る年輪を刻んでた
 
   最も大切な友人と
   ずっと会わずに過ぎてきた
   神格化された友情に
   妙に恐怖を覚えたから
 
   君に孤独がわかるかい?
   誰も友達がいないんだ
   ただあいつだけが友として
   私を遇してくれたのさ
 
   ところが突然ポストへと
   入った喪中のハガキには
   彼が死んだということが
   粛然として載っていた
 
   君に孤独がわかるかい?
   誰も友達がいないんだ
   ただあいつだけが友として
   私を遇してくれたのさ
   彼はこの世にもういない
   彼はこの世にもういない
   逆境時代に唯一の
   友情をくれたあの彼が
 
       ・・・1989年12月23日(土)作成
          (かけがえのない友人:吉良 淳君を悼んで)
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine