このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     一杯の珈琲
 
                  ∬  ∬  ∬
                 ∬  ∬  ∬
                ∬  ∬  ∬
            ○○○∬○○∬○○∬
        ○○○○○ ∬〜 ∬〜 ∬○○○○○
     ○○○○  〜 ∬〜 ∬〜 ∬〜  〜 ○○○○
    ○  〜  〜 ∬〜 ∬〜 ∬〜  〜  〜  〜○
    ○ 〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜 ○
    ○○○○○  〜  〜  〜  〜  〜 ○○○○○
    ○○○○○○○○○〜  〜  〜 ○○○○○○○○○
    ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
    ○○○○○□□□□□□□□○○○○○○○○○○○○○○○○○○
    ○○○○○□一杯の珈琲で□□□□○○○○○○○○○○    ○
    ○○○○○□今日も一日が始まる□□□○○○○○○○○    ○
    ○○○○○□昨日の疲れも睡眠不足も□□□□○○○○○    ○
    ○○○○○□この一杯の珈琲が流してくれる□□○○○○    ○
    ○○○○○□そして又今日私は会社へ急ぐ・・□○○○○    ○
    ○○○○○□一杯の珈琲で□□□□□□□□□□○○○○    ○
  ●●○○○○○□一日の疲れがとれる□□○○○○○○○○○●●  ○
 ●●●○○○○○□全ての業をなし終えて□○○○○○○○○○○○○○○
●●●●○○○○○□ベッドに入る前に□□□□○○○○○○○○○○○○●●
●●●●○○○○○□高貴な香りが部屋に漂う□○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●○○○○○□そして一杯の珈琲から□□○○○○○○○○●●●●●●●
●●●●●○○○○□鮮やかに甦ることもある□□□□○○○○●●●●●●●●
●●●●●●●●●□ほのかな湯気のゆらめきと共に□●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●■今では遠いあの人の□□■■■■●●●●●●●●●●
 ●●●●●●●●■懐かしい面影と微笑みが■●●●●●●●●●●●
   ●●●●●●■■■■■■■■■■■■■●●●●●●●●●
     ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
       ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         ●●●●●●●●●●●●●●●●
           ●●●●●●●●●●●●
             ●●●●●●●●
 
 
               ・・・1989年09月27日(水)作成
 
 
 
     詩人の村
 
   僕はこの大地に
   エルムがそびえるように
   しっかりと根を張って生きたい
   それが僕の人生
   僕には唄があるから
   何時でも生きてゆける
   この広い大地の全て
   即ちそれが僕の唄
   この村から世界の人に
   僕の想いを届けよう
   僕の唄と僕の心
   限り無い明日を届けよう
 
   僕が死んだ後も
   魂は残るように
   その為に僕は唄を作る
   それが僕の人生
   何処でも世界の人は
   唄を歌い続ける
   この広い大地の全て
   即ちそれが僕の唄
   ここは僕らの詩人の村
   唄で満ちあふれている
   この村から全ての人に
   限り無い希望を届けよう
 
       ・・・1980年04月13日(日)作成
 
                 MHG00022 歩く集積回路のFOX
 
 
 
     海の見えるカフェーで
 
   海の見えるカフェーで
   私は詩を書いていた
   夢にまで見るのだから
   私はよほど
   海が好きなのだろう
 
   青い水面を見ながら
   記すのは哀しい恋の詩
   一人でおセンチになって・・・
   これは何時の時代も
   三文詩人の悲しい性・・・
 
   ふと向こうの卓上に
   座る少女の姿が見えた
   少女とはいえ子供っぽくなく
   かわいいというよりは
   美形という感じだった
 
   急に少女がこちらを向いて
   私はあわてて目をそらした
   さればあの少女のために
   私の詩をささげようと
   私は再び鉛筆を握った
 
   ノートの一行を埋めて
   再び向こうを向くと
   少女は何時の間に何処へ消えたか
   影も形も見当たらなかった
   そしてあたりには
   ただ青い水面のさざなみの音だけ・・・
 
       ・・・1981年09月17日(木)作成
 
 
 
     翔べ!! 不死鳥(フェニックス)
 
   泥に汚れていても
   雨に打たれていても
   決して明日(アス)の夢を忘れず
   太陽に向かって翔び立って行こう
   苦しみは全て忘れて
   一つの翼に心を託して
   翔べ!! 不死鳥(フェニックス)
   御前に涙は似合わない
   翔べ!! 不死鳥(フェニックス)
   御前はいつも孤高の人
 
   泥に沈んでいても
   疲れやつれていても
   一度も希望の灯を忘れず
   明日に唄いながら翔び立って行こう
   悲しみは水に流して
   白い翼を水平に広げて
   翔べ!! 不死鳥(フェニックス)
   御前に涙は似合わない
   翔べ!! 不死鳥(フェニックス)
   御前はいつも孤高の人
 
   無限の未来を夢見て
   たれた首(コウベ)をもう一度もち上げて
   翔べ!! 不死鳥(フェニックス)
   御前に涙は似合わない
   翔べ!! 不死鳥(フェニックス)
   御前はいつも孤高の人
 
 
       ・・・1980年02月05日(火)作成
 
 
 
     夜の寂寥
 
   私が
   夢見るのは
   まろやかな
   女体の香り
 
   一日が
   終わる夕べ
   一人寝の
   長夜の寂寥
 
   冬の夜
   冷えた寝台に
   欠けているのは
   膚のぬくもり
 
   夢の中で
   私の口が
   求めるもの
   それは赤い唇
 
   目覚めた時
   私の手が
   宙をさがすもの
   それは豊かな胸
 
       ・・・1981年11月20日(金)作成
 
 
 
     愛の終わりなんて
 
   愛の終わりなんて
   水のようなものさ
   辛さ寂しさなんて
   時が流してくれるよ
   君は後ろをむいた
   風吹き黒い髪が
   夕陽に揺らいだとき
   空さえ思わず凍った
   霜月の落ち葉散る
   銀杏(イチョウ)並木には
   思い出だけが残る
   消えて行く足音と
   落ちる葉の音が
   愛の終わりの音
 
   僕は身を引こう
   君は行くがいいさ
   誰かほかのひとから
   愛の言葉を聴きなよ
   君を幸せにする
   自信が持てなかった
   今にも秋の日は
   つるべ落としに暮れゆく
   木枯らしに吹かれ行く
   秋の並木道
   寄り添うひとはもういない
   一人きり仰ぎ見る
   澄んだ星空が
   愛の終わりの色
 
       ・・・1983年12月02日(金)作成
 
 
 
     秋の夜長に
 
   秋の夜長にひっそりと
   君に手紙をしたためる
   あふるる想いを抑えつつ
   言葉少なに便せんに
   ワイングラスにほんのりと
   君の瞳が揺らぎ出て
   想い出の曲聴きながら
   削る心をペンに執る
 
   手紙をゆっくり書き上げて
   封筒の中押し入れる
   夜のしじまの部屋の中
   そうっと深く息を吸い
   封筒の口手で拡げ
   熱い吐息を吹き入れる
   このまま僕の身代わりに
   君の部屋まで届くよう
 
       ・・・1983年10月18日(火)作成
 
 
 
     一片の最期
 
   窓下に銀杏一本
   この一年間ずっと
   この木を私は
   見続けてきた
 
   芽ぐみ葉づき
   黄色くなるのが
   私の受験勉強の
   机上からよく見えた
 
   霜月の雨風に
   枝は痩身を露にして
   葉は下俗に散りさすらう
 
   短日に鴻鵠の涙
   今寂寥の一片の最期
   凩に斬られようとしている
 
       ・・・1981年11月30日(月)作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine