このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     公然の秘密
 
   私が毎夜必ず
   繰り返し見る夢
   其れは勿論皆さんは
   言わずともおわかりでしょう
 
   私がこうも毎朝
   学校へ行くのが楽しみな理由
   其は勿論皆さんは
   言わずともおわかりでしょう
 
   楽しい夏休みも
   こんな私にとっては
   彼女に会えぬ日々でしかないのです
 
   もうこんなに噂になっちゃったので
   いっそのこと言っちゃいなと
   いじわるな悪友たちがけしかけています
 
      ・・・1981年7月18日(土)作成
 
 
 
     一月あまりも病床で
 
   一月あまりも病床で
   苦しい日々を耐え続け
   とうとう祖母のろうそくの
   灯はゆるやかに燃え尽きた
 
   田舎を去って上京し
   戦災にも耐え黙々と
   四人の子らを育て上げ
   一人の孫に恵まれた
 
   歳を重ねていくうちに
   子は成長し過ぎていき
   祖母だけ疲れ立ち止まる
 
   結局生死はただ一人
   それでも祖母よ今からは
   祖父に再び会えるだろう
 
       ・・・1989年8月25日(金)
 
 
 
     ごめんねおばあさん
 
   人はなぜ死ぬのだろう
   喜びも悲しみも
   この世の全ての輝きが
   もはや感じぬ世界に行くのか
 
   祖母が倒れた
   旅が好きだった祖母は
   もっと行きたいところがあると
   病床で悔しがっていた
 
   元気だった体も
   見るからにやせ細り
   手足なぞは関節の固まりが
   異様に大きく飛び出して見える
 
   体中に埋め込まれた管が
   無理矢理命を支える
   呼吸の一息一息が
   とても大きく荒く響く
 
   ベッドの脇に見舞いのマスコット
   人は年と共に子供に戻るという
   だが子供には明日があるが
   老人には明日は残り少ない
 
   子らが戻って来て見守られ
   やがて神様に召されて行く
   わたしは仕事が忙しくて
   死に目にも通夜にも会社にいた
 
   ごめんねおばあさん
   でもわたしは忘れない
   病院でその手を握ったときの
   貴方の感触が伝わって来たことを
 
       ・・・1989年08月25日(金)作成
 
 
 
     ねこにゃんにゃんにゃん
 
ねこにゃんにゃんにゃんねこにゃんにゃんにゃんきょうもこねこはおうちへかえる
おうちじゃやさしいかあさんねこがぼくをやさしくむかえてくれる♪♪♪♪♪♪♪
ねこにゃんにゃんにゃんねこにゃんにゃんにゃんきょうもこねこはとおりをあるく
だれかやさしくこのぼくにえさをくれたりしないかにゃあ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
それともぼくに まっしろな ミルクをくれたりしないかにゃあ♪♪♪♪♪♪♪♪
ぼくはこねこ*  *のらの*  *こねこかわいくいつでもにゃあにゃああるく♪♪
ぼくはこねこ*  *のらの*  *こねこかわいくいつでもにゃあにゃああるく♪♪
にゃんにゃん         かわいいねこなでごえで♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
にゃあおう           やさしくなでてもらえる♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
にゃんこ   ==   ==   おうちはよこちょのこみち♪♪♪♪♪♪♪♪
きのうは             かわいいゆりちゃんが♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
さんまを      ●      ぼくに            くれました
にゃあお    | | |    *                にゃあ
にゃあおう    −−−    *              *  にゃあ
にゃあにゃあ         *                *  ♪♪
きょうはとなりの     ようこ                ちゃ  ん
ぼくににぼしをくれました♪♪♪♪♪               ♪♪  ♪
こねこのにゃんこにゃんこはこねこ                ♪♪  ♪
ぼくはやどなしこどくなにゃんこ    ♪           ♪♪♪  ♪
だけどぼくたちねこぞくにゃ♪  ♪  ♪♪♪♪♪♪♪♪ ♪  ♪♪♪  ♪
このよのすべてがマイ・ホーム ♪♪  ♪♪♪♪♪♪♪♪  ♪  ♪♪♪♪♪
おいなりさんのゆかしたにゃ  ♪♪  やさしいかあさん  ♪  まっている
きょうもひげたてみみをたて  ♪♪  にゃんこはあるく  ♪  ろじのみち
きょうもながやのゆみちゃん  が♪  にゃんこにえさを  ♪  くれました
ねこにゃんにゃんにゃんねこにゃんにゃんにゃんきょうもこねこはおうちへかえる
おうちじゃやさしいかあさんねこがぼくをやさしくむかえてくれる♪♪♪♪♪♪♪
ねこにゃんにゃんにゃんねこにゃんにゃんにゃんきょうもこねこはとおりをあるく
だれかやさしくこのぼくにえさをくれたりしないかにゃあ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
それともぼくにまっしろなミルクをくれたりしないかにゃあ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 
 
       ・・・1989年08月29日(火)作成
 
 
 
     おほしさま
 
               ★         +     ・
             ・                   ・
       + ・              +   ★
  ★               ☆           ★
            ・      ☆   ・      ★    ・
 +   ・        ・   ☆☆       ★  
         ★        ☆☆              +
   ・             ☆☆☆   ・ +     ★
      +          ☆☆☆
          ★      ☆☆☆☆       ・
                 キラキラ    ・
    ☆☆☆☆         夜空に輝く         ☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆      おほしさま☆      ☆☆☆☆☆
       今夜はどんな夢を見る☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
        みんなが眠った深い夜にあなたはきらめき☆☆     ・
 + ・     空に舞う☆☆凍てつくような冬の夜も☆☆☆   ・
          熱く燃えてる夏の夜も☆☆☆☆☆☆☆
    ・      等しく孤高に輝いて☆☆☆☆☆☆☆  +  ★ ★
 ★     ・     あなたは今夜も空にある☆☆
   ★ ★   +   北の空には北斗の光☆☆☆   ・      ★
            南の空では十字星☆☆☆☆☆       ★
  ★         はるかかなたの遠きより☆☆☆   +      +
    ★      何万光年の空を超え☆☆☆☆☆☆   ・  ★
           時空を超えて駆けてくる☆☆☆☆☆        ・
  ・     ・  こうして眺める   きらめきも☆☆     ★
      +   はるか昔に☆   ・  放たれた☆☆
         夜空に輝く         おほしさま      ★
  + ・    今夜は☆   ・         どんな☆        +
        夢を☆     + ★   ・    見る☆    ・
        ☆☆    ★             ☆☆
       ☆   ・         +        ☆
  ・                       ・
             +  ・    ★             ・
      +                   +
 
 
 
       ・・・1989年09月09日(土)作成
 
 
 
     机上の詩集
 
   誰が忘れたか
   教室に一冊の文庫本
   誰もいない放課後の
   日の当たる机の上に
   頁を開けばそこはハイネ
 
   可愛いあの娘が
   忘れたかも知れないし
   あるいは又
   美人のあの娘が
   落としたのかも知れない
 
   其の娘は
   ハイネの語る愛に
   耳を澄ませただろうし
   彼の悲しい恋に
   涙したかも知れない
 
   風が一吹き
   頁を二,三めくった
   日がずれて行き
   机は日陰になった
   物憂げな風に私は窓を閉めた
 
   やはり・・・
   私は考え直して
   再び窓を閉めた
   そして詩集を其のままにして
   午後の教室を後にした
 
       ・・・1981年09月23日(水)作成
 
 
 
     さすらい
 
 
        ☆☆☆             ☆☆☆
       ☆☆☆☆☆☆         ☆☆☆☆☆☆
      ★★★★★★★★       ★★★★★★★★
     ★昨日と同じ一日が★     ★昨日と同じ一日が★
    ★今日も再び過ぎていく!★ ★今日も再び過ぎていく!★
   ☆★孤独なこの身を引きずってひっそりとぼとぼ歩く道★★☆☆
   ☆★本当は隣にあの人が歩いてくれるはずだった★★★★★☆☆
  ☆☆★足止め道を眺めれば夕日に影が長い道★★★★★★★★☆☆☆
  ☆☆★昨日と同じ一日が今日も再び過ぎていく!★★★★★★☆☆☆
  ☆☆★静まりかえった並木道 今は深夜の帰り道★★★★★★☆☆☆
   ☆☆★ほのかに揺れる街灯に自分の影を写しだす★★★★★☆☆
   ☆☆★こつこつ響く足音が妙に辺りにこだまする★★★★★☆☆
   ☆☆★昨日と同じ一日が今日も再び過ぎていく!★★★★★☆☆
   ☆☆★一人ためいきつきながら深い眠りに落ちていく★★★☆☆
    ☆★疲れをいやしてくれるのは優しい彼女の腕でなく★★☆
    ☆☆★夢に溺れる脳の中眠りの精がただ一人★★★★★★☆
     ☆☆★虚ろな瞳を引きずってさすらい続ける我が心★★
     ☆☆★虚ろな笑いを引きずってさすらい続ける我が心★
      ☆☆★今日も私は一人きり今日も私は一人きり★★
      ☆☆★昨日と同じ一日にそっとさよなら吐息する★
       ☆★昨日と同じ一日が今日も再び過ぎていく★
       ☆★昨日と同じ一日が今日も再び過ぎていく★
        ★昨日と同じ一日が・・・★★★★★★★
         ★今日も再び過ぎていく・・・★★★
          ★昨日と同じ一日が・・・★★★
           ★昨日と同じ一日が・・・★
            ★★★★★★★★★★★
              ☆☆☆☆☆☆☆
                ☆☆☆
                 ☆
 
 
       ・・・1989年09月23日(土)作成
 
 
 
     青春という名の列車
      〜我が畏友・高久保 豊 君に捧ぐ
 
   青春という名の
   列車に乗って旅立ったあの日
   希望という名の
   街をめざしていた
   夢をひとつつめた
   バックを片手にぶらさげて
   住み慣れた街から
   列車は出て行った
   あの日燃えるような
   瞳を忘れはしないだろう
   いつか叩くような
   悲しみが襲ったとしても
   いつしか少年は
   青年も過ぎて変わっていく
   心の片隅に
   あの日を刻みながら
 
   青春という名の
   列車に乗って駆け抜けた日々
   いつでもひたすらに
   前だけを見ていた
   どんな雨の夜も
   列車はいつも走り続けた
   行き先も分からず
   ただ走り続けた
   あの日燃えるような
   瞳を忘れはしないだろう
   いつか尽きるような
   苦しみが襲ったとしても
   振り返ればはるか
   涙と汗に染められた鉄路
   それでも光ってた
   青春の足跡
 
 
       ・・・1989年09月23日(土)作成
 
 
 
     子供のように
 
   子供のように
   まだ純真だった頃
   人は毎夜夢を見た
 
   生娘のように
   まだ純情だった頃
   人は星を数えていた
 
   そしてもはや
   純粋でなくなってからも
   尚しばらくの間は
   人は愛を疑わなかった
 
   何時からだろう
   誰もがもはや
   神を人をロマンをも
   信じるのをやめたのは
 
       ・・・1981年09月12日(土)作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine