このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     抱擁への誘い
 
   可愛いひとよそばへ来て
   僕の体を抱いてくれ
   そして好きだと言ってくれ
   そうすりゃ涙も乾くだろ
 
   愛しいひとよこの僕に
   君のやさしい微笑みと
   黒い瞳を見せてくれ
   そうすりゃ心も和(ナゴ)むだろ
 
   恐れることは何もない
   君を抱こうとこうやって
   他(ホカ)の人には見えぬよう
   両手と胸は開けてある
 
   もっと間近に口唇を
   寄せて項(ウナジ)につけてくれ
   乳房を胸に押し当てて
   夜の明けるまで共にいよう
 
   近くに君が居るだけで
   悩みは全て消えて行く
   だから今にもそばへ来て
   孤独な僕を抱いてくれ
 
     ・・・1981年7月18日(土)作成
 
 
 
     五月の唄
 
   五月が来ると
   陽は地面を暖め
   蝶や鳥は羽を広げ
   新緑の中に舞っている
 
   さあ君もここまでおいでよ
   御日様が君を誘っている
   僕は一年中で五月が一番好きさ
 
   初夏の光に
   木々は葉で盛り上がり
   ひばりは野に巣をかまえて
   蒲公英の花が咲いている
 
   さあ僕と一緒に行こうよ
   日ざしに空気もゆれて見える
   五月の野は他の何時よりも光って見える
 
        ・・・1981年5月11日(月)作成
 
 
 
     ささげる花〜for Heine
 
   貴方のつぶらな目のために
   恋人よ私は
   つゆくさの花をささげましょう
 
   貴方の白い顔のために
   恋人よ私は
   百合の花をささげましょう
 
   貴方の小さな口のために
   恋人よ私は
   バラの花をささげましょう
 
   しかし貴方の冷たさに
   昔の恋人よ私は
   どくだみの花しかささげられません
 
       ・・・1980年6月30日(月)作成
 
 
     彼女の夢を毎夜ごと
 
   彼女の夢を毎夜ごと
   見ずにはいられぬこの私
   彼女はここにいないのに
   何をするのもままならぬ
 
   それでも彼女に好きだよと
   言葉をかけてみたとして
   彼女は私をいたずらに
   泣かせて消えるに違いない
 
 
 
     のどまで出かかった言葉を
 
   のどまで出かかった言葉を
   あわててもう一度飲み込む
     知って欲しいのです
     貴方に私の心を
 
   何時でも貴方の顔ばかりを
   遠くから秘かに見つめている
     気づいて欲しいのです
     貴方に私の視線に
 
   貴方が近くに来るだけで
   私の心臓は日本海の荒波
     静めて欲しいのです
     貴方に私の激情を
 
   それなのに私には何の
   選ぶべき手段もありません
     ただ何も手をつけられず
     一人泣くよな毎日です
 
 
 
     ため息
 
   ため息は
   真夏の一日の
   昼下がりにも似て
   気だるさの中に
   ほんのちょっとした
   甘き香気の跡
 
   ため息は
   捕らえようのない
   風の微笑みにも似て
   すぐに手の届かぬ
   何処か遠く空虚(ウツロ)な
   国へと逃げてしまう
 
   晴れた夏の午後
   一人弾く楽の音の
   何と云うもの静けさ
   ため息をついて
   ギターをケースにしまうと
   妙に金具が心に響いた
 
       ・・・1981年7月11日(土)作成
 
 
 
     カムイシュー神婆
 
   昔 アイヌに戦が起こって
   カムイシュー婆さんの部落(コタン)は
   焼け落ちて全滅してしまった
   長の息子ともはぐれてしまい
   婆さんは一人落ちのびた
 
   部落(コタン)の人は皆殺されてしまい
   誰もが全て危険だった
   息子の姿を捜しながら
   人里から逃げるように
   婆さんは原生林をさまよい歩いた
 
   ゆく歳月は急客
   息子にも会えず
   心落ち着く場所もなく
   やがて疲れ果てた老婆は
   摩周湖のほとりで倒れてしまった
 
   老婆は湖のわきの神の山(カムイ・ヌプリ)を見上げ
   そして神(カムイ)に祈った
   ”私はとうとう疲れてしまいました
    それでも息子に会うまで
    生きたまま少しの安らぎを下さい”
 
   今尚息子の死も知らずに
   湖上に浮かぶ岩と化した
   アイヌのカムイシュー神婆は
   人が来ると息子が来たのかと思って
   霧の涙で湖上を覆うのだそうだ
 
        ・・・1981年3月23日(月)作成
 
 
 
     君の瞳が
 
   君の瞳が
   もしも小さかったら
   僕の胸の鼓動も
   もっと小さかったのに
 
   君の笑顔が
   もしもゆがんでいたら
   はるか昔に僕の
   涙も乾いていただろうに
 
   君がそんなに素敵だと
   何のとりえも無い僕には
   ただ泣くしかないじゃないか
 
   それでも君に会わなかったら
   僕の夜空を夜明けの陽が
   染めて行く事も無かっただろう
 
     ・・・1981年9月14日(日)作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine