このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     幻影
 
   僕は一人森でつぶやく
   あの人の髪は綺麗だ
   木の精の答えていわく
   夢にだまされているんだ
 
   僕は一人言を言う
   目の輝きが美しい
   するときじ鳩が笑う
   しょせんは一時(ヒトトキ)の想い
 
   上を向いて反論する
   彼女はとてもやさしい
   妖精達が馬鹿にする
   心の中はわからない
 
       ・・・1980年7月2日(水)作成
 
 
 
     鳥
 
   今日鳥を見た
   其の種類は知らぬ
   今まで見かけなかった鳥だから
   渡り鳥かも知れぬ
 
   鳥よ
   御前はどこから渡って来たのかい?
   俺は北から渡って来たのだよ
 
   今日鳥を見た
   其の種類は知らぬ
   今まで見かけなかった鳥だから
   渡り鳥かも知れぬ
 
    ・・・1980年3月4日(火)作成
 
 
 
     初めて会ったその日から
 
   初めて会ったその日から
   いつも私の心には
   あなたの明るい微笑みが
   残ったままになりました
 
   初めて話したその夜から
   いつも私の瞼には
   あなたのつぶらなまなざしが
   浮かんだままになりました
 
   ああ、あまりにも遠い夜
   私はあなたに会いたくて
   星に願いをささげます
 
   ああ、あまりにも深い夜
   あなたの声を聴きたくて
   独り吐息をこぼします
 
     ・・・1989年4月15日(日)作成
 
 
 
     美しいひとよ
 
   ああ美しいひとよ
   野原の草が風にざわとゆれるのは
   それは風が貴方に恋をしたから
 
   ああ麗(ウルワ)しの君よ
   夜の砂浜にさざ波が押しよせるのは
   昼の波が貴方に一目ぼれしたから
 
   貴方が野原を進む時
   若草の燃える香りは
   貴方の髪のまわりでただよう
   そして日差しは私の想い
 
   貴方が浜辺をさまよう時
   波間に映える月光は
   貴方の綺麗な瞳を照らす
   そしてさざ波は私の胸
 
         ・・・1980年10月21日(火)作成
 
 
 
     山男
 
   山に登るのは
   山が好きだから
   心の安らぎ得るのには
   山が一番さ
 
   山に登るとき
   高き道行けば
   疲れも迷いもふきとんで
   山気が快い
 
   めざす頂きは
   あの尾根の上
   風にたなびく
   ハイマツの枝
 
   幼い頃から
   山は俺の全て
   死んだら故郷(フルサト)の山の
   岩になりたい
 
       ・・・1979年9月21日作成
 
 
 
     君は粉雪
 
   うつむいた君の背中が
   今日はとても愛しい
   君だけが僕の全てだが
   どうする術もないのさ
   君は僕には遠すぎるひと
   この身を尽くしてさえ
   君と結ばれるという保証は
   得られはしないだろう
 
   白い雪が道を埋めていく
   心を白く覆って
   いっそ僕も雪の精になり
   君だけの髪に降りたい
   一人のつらさに耐える事が
   こんなに苦しいとは
   君は粉雪揺れて僕には
   つかめはしないだろう
 
   雪よ降れ降れ僕の心に
   白く包んでおくれ
   君は粉雪揺れて僕には
   つかめはしないだろう
 
 
 
     花物語
 
   私が初めて恋をした時
   そのひとを花に例えるなら
   まるで桜の花でした
   今ではよく覚えていません
   ただ短かった想い出だけ
   そんな桜の花でした
 
   私が二度目に恋をした時
   そのひとを花に例えるなら
   まるでバラの花でした
   あんなに美しいひとなのに
   私は傷つけられっぱなし
   そんなバラの花でした
 
   私が三度目に恋をした時
   そのひとを花に例えるなら
   まるでゆりの花でした
   このひとだけは美しかった
   でも私には縁が無かった
   そんなゆりの花でした
 
   そして今想いをよせているひと
   そのひとを花に例えるなら
   それはすみれの花でしょう
   私は飽きもせずそのひとを
   見つめてうっとりと酔っている
   そんなすみれの花でしょう
 
      ・・・1980年1月25日(金)作成
 
 
 
     五月
 
   五月陽は少女の喜び
   木洩れ陽が顔に当たる度に
   何か素晴らしい予感に胸をはずませる
 
   そしてまた五月は端午の節句
   家々には武者人形が飾られ
   春風に鯉のぼりが翻っている
 
   木の花の時期は既に去り
   今では小さな野の花も
   御陽様からの愛のメッセージを
   花弁いっぱいに受けとめている
 
   空気は暑くもなく寒くもなく
   そして風は丁度良い強さでそよぎ
   ひばりの声のする向こうの
   空はかすんでほのかに白く見える
 
        ・・・1981年5月5日(火)作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine