このホームページのトップへ
 
 
神山卓也
 
     時の流れに
 
   時の流れに
   日暮れまで
   宿に着くやふ
   旅急ぐ
 
   峠の道の
   険しくて
   風雨をしのぐ
   場所もなし
 
   絶壁に知る
   一切の
   苦楽生死の
   空なるを
 
   来し足跡は
   雨隠れ
   空なればこそ
   悔ひ無けれ
 
       ・・・1981年10月27日(火) 作成
 
 
 
     いつまでたっても
 
   いつまでたっても
   進歩ない心
   恋をする度にそう思う
 
   深夜一人で
   沸かす珈琲
   窓辺を見れば
   街灯が濡れている
 
   嘘のつけないわたしは
   詩でさえも芝居ができない
   10年前とまるで同じような
   情景がノートにつづられる
 
   かつて思い出をくれた女性は
   とうとう今年
   ほかの男性のものになってしまう
 
   皆なが大人に成長していく
   わたしだけは一人
   ずっと同じことを繰り返している
 
   繰り返したくない
   繰り返したくないんだ
   今度だけは・・・
   だけど勇気が出せないまま
   時間だけが黙って駆けて行く
 
   さめた珈琲を飲みながら
   そっと一人でため息をつく
   わたしが洩らした吐息に
   気付く女性はここにはいない
 
       ・・・1988年9月8日(木) 作成
 
 
 
     つゆくさの花
 
   美しい女性は
   野の花一つにも
   そっと口を押し当てて
   時を過ごすのだそうだ
 
   麗しい婦人は
   小川のせせらぎに
   陽の踊るのを見るのが
   安らぎとなるのだそうだ
 
   佳人薄命と人は言う
   優しさと柔和さが
   女性の体を細くしていくという
 
   澄んだ目はうるんだ瞳
   つゆくさの花が紫色なのは
   彼女の涙に染められたからなのだ
 
             〜1982年1月8日作成
 
 
 
     別れ行く恋人よ
 
   君のぬくもりが残るベッドには
   今日からは一つだけの枕
   珈琲を沸かし二人で飲んだら
   君はこの部屋を出て行く
   別れ行く恋人よ
   僕の部屋の鍵は返さなくてもいい
   持って行きなよ
   白い指に握りしめて
   寂しい夜にはいつでもおいでよ
   僕が慰めてあげるよ
 
   二つの歯ブラシ一本になって
   思い出の小道去り行く君
   駅まで送ろう暖かくして行けよ
   外は今冷たい木枯らし
   別れ行く恋人よ
   僕の部屋の鍵は返さなくていい
   持って行きなよ
   今のままにその指に
   一人の夜はいつでもおいでよ
   僕が暖めてあげるよ
 
             〜1985年1月5日作成
 
 
 
     今でも目を閉じれば
 
   今でも目を閉じれば
   すぐ目の前にいるように
   貴方の顔が目に浮かぶのです
 
   今でも耳を澄ませば
   隣でささやいているように
   貴方の声が聞こえてくるのです
 
   どうして貴方は
   今ここにいないのですか?
   貴方があれほど愛した
   青空が辺りを包んでいるのに
 
   どうして貴方は
   去ってしまったのですか?
   二人を見守ってくれた
   星は今夜も輝いているのに
 
             ・・・・・1989年2月12日(日)作成
 
 
 
     風が運ぶ想い
 
   そよそよ小川を行く風に
   そっと便りをことづけて
   せめてはるかな人のもと
   届けて欲しいとおもうけど
   風には重い胸のうち
   きっとそのうち野辺に落ち
   人気のしない草むらに
   埋もれてしまうことだろう
 
   陽光受けて吹く風に
   そっと口づけやわらかく
   このまま息をあの人の
   唇めがけて飛ばしたい
   熱い吐息が陽に溶けて
   かすかに消えてしまっても
   わたしと同じ空の下
   あの人も風を受けている
 
   風は山越え野を越えて
   この世界中浮かれ出て
   何時か遠くの街に降り
   あの人の髪ゆらすだろう
   便りがだめならせめてでも
   わたしの胸を通り抜け
   はるかな人の御口から
   胸の中へと吹いてくれ
 
              ・・・1982年10月23日(土)作成
 
 
 
     冬の夜の小鳥達
 
   雪の降る北国の夜
   夏の小鳥達は
   いったいどうやって
   過ごすのだろうか
 
   僕はよく思う
   冬の夜のけなげな
   小鳥達の姿を
 
   あんな小さな体で
   あんな小さな翼で
   今年も小鳥達は
   冬の夜をむかえるのか
 
        ・・・・・・1981年10月04日作成
 
 
 
     夜灯夢
 
   カップにティーバックを下げ
   ポットから湯を注ぐ
   夜のしじまに光は流れ
   背景には音楽の調べ
 
   街灯の下にたたずむひと
   その肩を抱けたなら
   そんな事を想って覚めれば
   そこには誰もいない
 
   夜空に輝く星
   いつか愛する人と共に
   星の道を散歩できたら
   そんな疲れを知らない夢
 
   時計を見れば1時
   芝生に映える街灯
   友と語らいながら
   紅茶で体を暖める
 
   おお何というエレガントな時間
   このつかの間の安らぎで
   1日を又歩き出す
   背景には音楽の調べ
 
          ・・・・1979年11月27日(火)作成
 
 
 
     深い夜の吐息
 
   貴方の声を聴きたくて
   電話をかけたく思うのに
   なぜか怖くて恥ずかしく
   今日もかけずに終わります
 
   貴方を誘い出したくて
   勇気を出そうと思うのに
   気が小さくて意気地なく
   ため息ばかりが出るのです
 
   引っ込み思案で外見は
   私の本当の気持ちとは
   まるで逆さに見えるでしょう
 
   もっと素直になりましょう
   積極的になりましょう
   かわいい貴方に対しては
 
                   1986年12月7日作成
 
 
 
     私の想い
 
   英語でわからないことが
   ちょっと出て来たような時は幸せ
   何故って英語の得意な彼女に
   質問をしに行けるから
 
   早春の陽光照る窓辺の
   彼女の席のすぐ近くへ行く
   そしていろんな話題を見つけて
   彼女に話しかける私の想い
 
   学校が終わるとすぐに
   私は寮に駆け戻って
   そして寮の窓を開けて
   彼女の帰る姿を見ている
 
   夕陽に長いその影を
   最後まで追い続けている私
   その視線にも気づかずに
   やがて−−−彼女は闇に溶け込む
 
          ・・・・1981年3月4日(大昔)作成
 
 
 
     以前にはよく
 
   以前にはよく
   英語のできる彼女に
   質問をしに行ったものです
   わからないことが
   出て来るその度に
 
   かつてはいつも
   英語の難しささえもが
   楽しく思われていました
   彼女にものを尋ねる
   口実になったからです
 
   今はもう
   あの甘く優しい声色も
   耳にすることはありません
   何かわからないことがあっても
   自分で考えなければなりません
 
   彼女の姿は
   はるかな遠い空の下
   それでも
   難しい英文を前にするという
   苦しさだけは昔と同じです
 
          ・・・・1984年6月23日(土)作成
 
 
 
     二度とない
 
   もう二度とまた
   あのようなひとに
   めぐり会うことは
   ないだろう
 
   かつて青春の
   思い出をくれた
   あの女性ひとはここに
   もういない
 
   今になっても
   あのひとの微笑(ホホエミ)を
   私は目の前に
   思い出すことができる
 
   最も懐かしいひとは
   今ではすっかり
   新しい名前に
   変わってしまっていることだろう
 
 
 
☆    春!!
 
   ”季節は?”と聞かれたら
   ”春!!”と即座に私は答える
   のどかな新緑を眺めるのが
   何と言っても私には一番!!
 
   郊外を行けば
   森に野鳥の翔び交い
   そして野に草花の咲き乱れて
   気だるい春光に照らされている
 
   街を行けば
   都心の公園に人々の集い
   そして街路樹から陽の洩れて
   その下を行く人々はもう軽装になっている
 
   私も古い上着を脱ぎ捨てて
   軽くステップを踏みながら
   どこまでも暖かな春の道を
   ずっとずっと踊り歩いて行こう
 
            ・・・1981年5月5日(火)作成
 
 
 
     風
 
   梅が桜になる頃は
   私は春一番になって
   強く黄色い衝撃を
   彼女の胸にぶつけたい
 
   炎天下の汗ばんだ
   彼女の日焼けした膚を
   私は優しいそよ風になって
   そっと乾かしてあげよう
 
   木々が薄着になる頃には
   厚着になった彼女の襟足を
   そっと落ち葉に息をかけて
   その葉恋文で愛したい
 
   霜降る寒い枯並木の朝には
   僅(ハツ)か(注)に外気にあらわな表情の
   唇に冷たく凍るような
   口づけ送る風となろう
 
           1981年7月10日(金)作成
 
(注) 僅か・・・ここでは、「わずか」ではなく、「はつか」と呼んで
        下さい。意味は「わずか」とほとんど同じですが、ほんの
        少しだけ異なる点があります。それは、「わずか」は単に
        量が少ないことを意味しているのに対し、「はつか」は、
        今は少ないが、少しづつ増えていく気配がしている状況を
        示すという訳です。ですから、例えば、「冬に緑が少ない
        ときに、今は少ないがかすかに春の息吹が感じられる」
        ときに、その春への方向性を強調したいとき、「わずか」
        に代えて「はつか」を使います。
 
 
 
     もれる涙は
 
   もれる涙はカップに集め
   森の小川に流しましょう
   胸の炎はため息にして
   はるか空まで飛ばしましょう
 
   森行く騎士が腕組みながら
   小枝の下を通ります
   蹄音(テイオン)うつろ暗い闇夜が
   彼をひんやり包みます
 
   森を抜けると小川の土手に
   ぽっかり月が浮かびます
   冬の夜空の澄んだ冷気に
   月はしばれて浮かびます
 
   せんに来たのは夏の盛りで
   花咲き緑がありました
   今はすっかり草花枯れて
   凩過ぎて行きました
 
   過ぎし思い出小箱につめて
   小川の水に流しましょう
   自身は柳で小舟を造って
   川を下って行きましょう
 
     ・・・1983年12月03日作成
 
 
 
 
詩の部屋へ 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine