このホームページのトップへ
神山卓也
 
カミタク通信 第2号(1999年9月8日(水))
 
 私は、最近、失恋をしました。その人はずっと文通をしているだけの関係で、実は会ったことは無かったのですが写真を見るととても美しく、また、文章の中でしのばれる人柄がとても素敵な方でした。その人とのやりとりがとても楽しく、会ったこともないというのにいつしか心がひかれてしまいましたが、その私の想いがその方には重荷になってしまい、お別れをすることになってしまいました。一度お会いしようという約束も、お会いできないままに消えてしまいました。
 
 最近はその関係が私の心の支えと化していたので、痛手でないと言えば嘘になります。でも、人を好きになったのならば、自分のことよりも相手のことを考えるべきだと思いますので、勇気を振り絞ってこの事実に立ち向かいたいと思います。あの方が望んだことなら、それであの方が楽になれるのならば、私はあの方の前から消えてしまった方が良いのだと思いました。
 
 その方とうまくいけたのならば、その方のことだけを見つめ続けて、尽くしたいと思っていました。今は、必死になってその方を忘れて、私がいつまでも傷ついていないことによって、「私に対する後ろめたさ」というその方の負担にならないようになりたいと思います(そのことをその方が知る術も、残念ながら多分今となってはありませんが)。それが、今の私の立場でその方にしてあげる唯一のことだと思うからです。だから、いつか別の誰かが私の心を捕らえたならば、新しい方のこと一人だけだけを見つめ続けたいと思います。それが、新しい方にとってもその方にとっても誠実になれることだと思います。でも今は、しばらくの間はその方のことをとても忘れられそうにありません。多分、時間が解決してくれるでしょう。それまでの間耐えるしかありません。いつかその人ではない誰かのことだけに誠心を傾けられるようになったら、そして、今届かぬところに去ってしまった方を綺麗に忘れることができたら、その時こそ、新しい方にもその方にも、そして自分自身にもみんなに誠実になれるのだろうと思います。だから、その方との素敵な思い出も、それを大切にしながらも心の奥深く封印し、自分の意識からは忘れるように必死になって努力したいと思います。思い出を大切にするということと、その思い出に封印をして決して思い出さないようにするということとは、私の内面では決して矛盾することではありません。否、むしろ、その方のためにも、そして、これから出会うであろう方のためにも、大切にすることと思い出さないこととは絶対に両立させるべきことだと思います。
 
 その方には既にお近づきにならないと約束したので、これ以降の私の気持ちをお伝えする術はありません。でも一つだけ残念な心残りがあります。それは、この9月にあるその方のお誕生日に対して、「お誕生日おめでとう」と言ってさし上げることができなかったことです。最後の時には気が動転していて、伝えそびれてしまいました。この伝えそびれたということは、私が私の苦しみばかり考えてその方のことを思っていなかった自分本位の証左だと思うので、自分のことをなんて嫌な奴なんだと思って恥じており、その方に対して申し訳なく思っています。私は、自分が失恋する最後の瞬間でも、自分のことよりも相手のことを考えるようでありたい、と思うからです。だから、一言おめでとうと言って差し上げたい。でも、既にその祝福を伝える術がありません。
 
 だから、この場でこんな個人的な思いを述べることはその方にとってご迷惑なこととは思いますが、万一その方がこのHPを見るかもしれないと思い、この場で述べさせていただきたいと思います。
 
9月のお誕生日おめでとうございます。いつまでも幸せが貴方と共にありますように。
そして、今までとても楽しかったです。素敵な思い出をくれて、どうもありがとうございます。
 
 
 
 
カミタク通信の部屋に戻る 
 
このホームページのトップへ
 
 
HMV
タワーレコード
indiesmusic.com

このHP作者に関係のある別HPです。

STATISTICS

  

炭鉱マニア

  

鉄道艦船航空陸自マニア

  

ネットDE討論@Marine